川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ブログを継続することによって、「自分の場」は踏み固められてきた

投稿日:2017年7月12日 更新日:

自分の通ってきた道だから「そこには落とし穴があるよ」と言ってあげることができる。でもそれを、求められもいないのに教えたら「お前に何が分かる」と言われてしまうだろうし、穴に落ちてしまった人に(実はわかっていたんだ)という顔をしても「なぜ教えなかったんだ」と言われてしまう。

そんな葛藤に苦しむことが多かったので、このブログという場で「僕はこんな落とし穴を経験していますよ」と書き続けるに至った。ここは自分の場であって、自分の傷を晒すことに躊躇する必要はない。同じような痛みを背負いたくない人は、向こうから「話を聞かせてほしい」とやってくるし、あとで傷を負うことになってしまった人には「そういえば西端はこんなことを書いていたのにな」と思い出してもらえることもある。

ブログはブランディング、自己主張、アピールの場という一面もあるのかもしれないが、こうして、自分の経験と想いを吐露することによって、必要以上に自分が苦しまず、傷付かないで済むという側面もある。ブログを始めたときから、いまこの瞬間までずっと「自分の場」という感覚があるのは、そういうことなんだろう。ずっと継続する。それによって、この場は踏み固められてきた。僕が出来たのはただそれだけ。「コツコツのチカラを信じること」だけだ。

自己満足ですよね、何のために書いているんですか? と揶揄されることだってある。それはそれで結構。君も僕も、それぞれの自己満足を生きている。それでいいじゃないか。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

モアイ像。

うむ、うむ。

no image

経営の勉強という言葉の裏側にあるもの – 分析麻痺症候群。

「週末、一泊二日の経営の勉強会に行ってきた」と話すAさんに尋ねてみた。 「ではその週末、Aさんの社員さんはどんな風に過ごしていたのですか?」 勉強会もいいし、コンサルの話に耳を傾けるのもいいだろう。 …

飛行機の悪夢から僕を救ってくれたのは、そして師走の。

以来、すっかり白熊が恋しくて困る。 空港での緊張感も、飛行機での吐き気も。全部癒してくれた、白熊。 今となっては、時間に追われながら食べたあのボリュームさえも懐かしい。 九州新幹線が開通したら、また、 …

始発と終着。

@西明石駅。 今から行く人も帰る人も。そして僕は、今から修羅場へと(涙)

太陽と埃の中で

毎年2月は体調を崩す。 風邪の症状に今回は歯茎の不調も加わった。まだインフルエンザにはなっていないが、どうやら兵庫県では大流行をしているようなので、これも時間の問題なのではないかと思っている。 「耳鳴 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly