川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

人間はさぼる生き物 ~目標達成のための効率の良いサボり方

投稿日:2017年9月4日 更新日:

秋の気配がようやく漂い始めたと思ったら、もう、文具屋さんには2018年の手帳が並び始めている。8月はなんとなく一年の折り返しのような気がしてしまうけれど、実際はもう、3分の2が終わってしまったわけで、ここから年末までの加速はあっという間だ。

一年間にジョギングを1000kmすることにしている。今年はもう750kmを走ったので、今のペースなら十分に目標を達成できそうだ。毎日をこつこつ。そして、人間はさぼる生き物でもある。「雨の日はさぼっても良い」「走る日は最低5.2kmを走る」というシンプルなルールにしておくと、3日に1度サボったとしても、一か月で100kmは走れる計算になる。さらに、このペースなら、年間で2か月を丸々さぼったとしても目標が達成できる。3日に1度さぼった上に、2か月休んだとしても達成できてしまうのだ。「1000km」という数字はインパクトがある割に、案外、簡単に達成できてしまう数字でもある。こつこつには、いかに「さぼっても良いか」という要素を入れることが大事。このあたりはゲーム感覚だなぁと思う。

「5km」ではなく「5.2km」にしているのは、0.2を25日積み上げたら5kmになるから。つまり、さらにもう一日サボる自由を得られるということ。工場でものを作るのと一緒。仕掛りには時間がかかるが、一度取り掛かってしまえば、100個のものをつくるのも120個のものをつくるのも大きな違いはない。走り出すまでは億劫でも、走り出してしまえば、200mの違いはまったく気になるものではない。あえて端数をつけるのは、目標達成のペースをつくるときに「利息」の効果を生むので良い。これはジョギングに限ったことではないのでオススメの方法なのである。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

今日の読書。

ブラザーフッド。 戦争について考えさせられる内容です。結局は争いって、妬みや不信から生まれるもの。 まあるくありたい。心平穏でいたい。

シマリスの口の中には宇宙がある  ~愛犬たちの誕生日に寄せて

手のひらにあるアーモンドを次から次へと食べていくシマリスの動画。 シマリスの口の中にはきっと宇宙がある。これも生きていくということ。逞しくも愛くるしい表情と仕草に心癒される。優しいとか可愛いという要素 …

no image

朝から栄養ドリンク2本。

だるい。 栄養ドリンクで、未来の元気を前借りしているような。いつか枯渇してしまいそう。 しんどくなる何かがある、というわけでもなく、単なる体力不足から来る疲労の蓄積なのかな。運動せにゃ。

そして誰もいなくなった再び。

これが山陽電車クオリティ。愛しくてたまらない、それが明石っ子。 顧問税理士さんと飲んで、ご機嫌の帰路。

トルコ土産。

アップルティーだそうです。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly