川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕は相も変わらず、41歳を生きていきます

投稿日:2017年9月17日 更新日:

41歳になった翌日は、車は傷付くわ、頭上には台風の目がやってくるわ、散々な一日だった。

でもねそれでもね。

ディーラーさんは「この程度ならすぐに直りますから、お代はいりませんよ」と言ってくださったし、街を洗っていった台風のあとには、虫たちが優しく音楽を奏でてくれて、秋の夜長を色濃く演出してくれた。万事塞翁が馬。マイナスはプラスのためにあるんだなぁと思ったな。

車の向きを台風の風向きにあわせて、少しずつ移動して洗車。僕は相も変わらず、41歳を生きていきます。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

父を見送る日の朝も歯磨きをした ~習慣とは、継続とは

少しだけやってみて「もう分かった」という気になってその場を去っていくのではなく、「まだ分からないから」と試行錯誤を継続する。この「もう」と「まだ」の差は大きい。 — 西端康孝 / 川柳家・ …

福岡「らんびき」。

写真では違いが…(^^; おまけで地鶏炭火焼きをフレームイン。

CDという形に残るもの、出会いという心に響くもの。

blogのサイドバーで、Twitterの発言内容を表示するようにしてみました。→ @bataで遊んでいます。是非、ゆるりと繋がっていただきたく、フォローなどいただければ。 ばた on Twitter …

脳はまだ、涙そうそうを止められない。

講演会は田中先生(がんばれ!ヴィッセル神戸)に誘っていただいたのでした。 講師は作家で医師の米山公啓先生(米山公啓のブログ)。フルートとオカリナを生演奏して下さったのは岡村美帆さん(miho&#821 …

no image

痴漢を撃退したら、ホームの端まで吹っ飛んでいったお話。

学生時代、京都まで毎日1時間以上の電車通学をしていました。 ある日、混雑する車内。一人の男性の手が、若い女性の腰やお尻のあたりまで伸びているのを目撃。あまりに親密そうに抱きついているものだから、恋人同 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly