川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 業務日記

「どう見せるか」ではなく「どう見られるか」を大切にするということ

投稿日:2017年10月31日 更新日:

姫路で会議。

神戸は海と山の近い小さな街なので、すぐに誰かと出会ってしまう。その点姫路は知り合いと遭遇する確率が格段に低い土地だ。だから姫路へ西へと向かっていくのが好き。エネルギーを奪われる感覚がないのは良い。街中で突然声をかけられると「おぉぉぉ、今日も相変わらず不幸そうな顔をしてますねー。どうしましたか? 大してお金の入っていない財布でも落としましたか?」なんて、神戸の人たちに認知されているキャラとトーンで対応しなければならない。誰に頼まれたわけでもないのにね。

会議では、とある創業者の方のお話を聞く。理路整然と話をされていた。戦略はもちろんだが、その根っこに「行動する」「与える」という意識がブレずにあるのが素晴らしい。自分たちの会社を「どう見せるか」ではなく「どう見られるか」を大切にされている。

こんな風にでありたいな、と思う。こんな風にはまだまだだな、とも思う。

Google

Google

-同友会, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

僕に時間をくれた経営者の皆さんのこと、僕に時間をくれた社員たちのこと、感謝

同友会で発表。忌憚のないご意見は自分の鏡になる、本当に有り難い、感謝。 ちょうど同じようなテーマで4年前の7月に発表した記録が残っている。自分に期待されているキャラと現実とのギャップ、話し方、今日は自 …

温度と思い出を共有していく熱い仲間たちと ~チキンジョージでの最高の夜を過ごして

チキンジョージでのイベントを無事に終えることができた。とても盛り上がった。来ていただいたみなさんに、舞台に立っていただいた方々にたくさん助けていただいた。心から感謝。 イベントの作り込みに、何か月も前 …

紙は触れて匂って決めてください ~神戸の印刷屋からの提案

「わかるーーーー」と思いながら読んだ記事をご紹介。 さわり心地とにおいがいい辞書はどれか – デイリーポータルZ:@nifty 新しい紙幣の匂い、辞書の紙質。自分が印刷屋をやるようになって …

残りわずかなお金で船に乗った、酒屋の漢の物語。

金曜日夕方、同友会の活動から社会復帰。 自称西神戸支部で一番数字の稼げる男、岩井寿商店の岩井さんの報告。 問屋-販売店という従来の形とは異なる、蔵元-酒屋-飲食店という立ち位置にいて、ご自身の取り組み …

no image

素朴なことばが心に触れて。

朝から月刊誌川柳ふあうすとの入力作業。 続いて、法善寺浅草さんの暑中見舞用コピーの考案。 季節感のある、涼しげなコピーを考えさせていただきました。 商業用コピーの場合は特に、温度や空間を感じて頂けるよ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly