川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

マカロニは僕にとってアンドロメダ星雲なのだ

投稿日:2017年10月22日 更新日:

芋に恨みはないけれど、マカロニグラタンだと思って口に運んだときにポテトグラタンだったときの失望は大きい。僕はそれくらい、マカロニが大好きだ。もう一つのブログ名は「短歌と川柳とマカロニと」にした。自分という個性を表現するのには、川柳、短歌、明石、そしてマカロニという言葉が連なっていれば十分だろうと思っている。

マカロニを食べるときは、あえて、小さなフォークを使う。マカロニの穴にフォークの先端を突き刺して、一本一本の触感を丁寧に楽しみながら、チーズやマヨネーズ、その他様々な具材とのコラボレーションを味わう。ただし、主役はあくまでもマカロニである。味付けはシンプルにお願いしたい。マカロニに気取りは無用である。マカロニはマカロニである時点で、僕を永遠に幸せにしてくれるパートナーだ。着飾る必要はない。

ときに、少しだけ焦げ目のついたマカロニも良い。マカロニの弾力性は失われるが、独特の風味が僕に安らぎを与えてくれる。ざらりとした舌の上の感覚。粒子のひとつひとつたちは弾け、この世のすべてを構成する原子たちをも超越して、僕の口内は宇宙になる。マカロニは僕にとってアンドロメダ星雲なのだ。ほら、空がこんなにも煌いている。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するために正と信義とマカロニを信頼すると書いてあるのは憲法の前文だったか。僕はこの国の、この星の住人として生まれて本当に良かった。僕はマカロニとともに生まれ、マカロニとともに死んでいくのだ。

いつか僕が棺に納められるときには、どうか、花のかわりにマカロニを敷き詰めてほしいとお願いしてある。参列してくださる皆さんに、マカロニを詰めていただいて、お好みの量のチーズを塗していただくのだ。僕が煙になって浄土へと向かうころ、火葬場ではチーズグラタンが焼きあがっている。これ以上の供養はない。この香りに「あいつは最後まであいつらしかったね」と、骨とグラタンを拾いながら皆に笑っていただくのだ。

ああ、世界よ。
血で血を洗う憎しみに悲しみが続き、
絶望の色に支配されようとするときには、
どうか、マカロニの穴の向こうに
確実な平和があることを伝えてはくれないか。
ああ、世界よ、マカロニよ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

夏祭り、夜店、たこ焼き、りんご飴。

夏祭り、夜店、たこ焼き、りんご飴。 夏を得意にはなれないけれど、あの雰囲気は大好き。いくつになっても自分のなかに少年が住んでいることを自覚できるのは嬉しい。僕はまだ、あの賑わいのなかでビールやお酒を飲 …

no image

黒鍵に伸びる指、フィルターのかかった川柳。

悔しいけれど、少し凹んでる時期の方が、川柳はたくさん出来る。 負のパワーを、唯一、何かの形に変えることが出来ているとすればこうした創作がそうなのだろう。 鍵盤に向かうときは、自然と指はマイナーコードを …

はや、クリスマス商戦。

意外に売れるのです@神戸元町・プチ関口。

父の日という言葉の、遠くなっていくこと。

桂歌丸さんと行くウォーキング。 頭で情景を思い浮かべながら歩くことは、きっと脳にいいトレーニング。歩くことと落語はナイスな組み合わせだなぁと思った。 あいにくぽっどきゃすてぃんぐ落語が有償化されてしま …

no image

にんげんとにんげん以外の生き物。

車道に横たわる命。 伸びようとする腕や足は、まるで寝起きのようでそうではなくて、きっと断末魔の時間、最後の景色を見ているに違いなかった。 反対車線のにんげんの一人であった僕は、苦しさに襲われながらも、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly