川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

言葉が覆っているものが何であるのか、人は覗こうとする #世界一のクリスマスツリー

投稿日:2017年12月2日 更新日:

震災で傷を負ったもの同士でさえ、傷の大小を気にして、言葉にすることを躊躇してしまう。

「守る」とか「鎮める」とか「祈る」という言葉には、金の匂いを隠す作用があって、どうせなら、すべてがうまく見えないようにして、ちゃんとストーリーを完遂してくれたら良かったのにな、と思う。電飾よりも、嘘で飾られたクリスマスツリーはとても寒そうだった。

言葉の可能性を信じて、僕はそれをコピーライターとして生業にしている。
一方で、言葉は上手に扱わなければ、安っぽいメッキになってしまうことも今回のことで十分理解することができた。

言葉が覆っているものが何であるのか、人は覗こうとする。
覗かれてダメなものは、やっぱり、飾ってはいけないってことなんだ。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

藍住町歴史館、藍の館。

藍染体験中。 なかなかの出来栄え。

朝霧駅前の。

屋台ラーメンを孤独に。 どんな味かな?

太陽と埃の中で

毎年2月は体調を崩す。 風邪の症状に今回は歯茎の不調も加わった。まだインフルエンザにはなっていないが、どうやら兵庫県では大流行をしているようなので、これも時間の問題なのではないかと思っている。 「耳鳴 …

no image

眠れない夜を抱くZARDのような。

考え込んでしまうことがあって疲れた。 愚痴っぽい? 色々あったけど、最後の一言で救われることもある。色々やったのに、最後の一言で台無しになってしまこともある。 せめて自分は、相手のその立場を考えて、最 …

おやすみなさい。

@自宅の踊り場 山陽電車に見送られ、夢の世界。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly