川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

2017年ジョギングの走行距離が1,000kmに達した ~必達の数字を理解しない社員のことと

投稿日:2017年12月3日 更新日:

2017年ジョギングの走行距離が1,000kmに達した。

生きていくためには、絶対に達成しなくてはいけない数字がある。数字への意識を持つために、僕はこの1000㎞という数字を、毎年、継続力と忍耐力のために何がなんでも達成することにしている。今年は大きな発表がいくつもあって準備が大変だった。その期間もずっと走り続けたし、下半期、神経痛や骨折に苦しんでも「雨でなければ走る」という自分に課したルールを守り続けた。積み上げるためにはコツコツしかない。

うちの社員たちは、ここ数年、ただの一度も「必達」の数字に到達していない。先月の数字でいえば、彼らの達成率は20%にも満たない散々な内容だった(必達に対しての到達率がその数字なので、「目標」から考えるともっとひどい状況である)。それでも彼らは、休むときは休むし、危機感を持たない。自分たちの給料の源泉を理解せず、家族サービスに時間を費やしている姿を見ると、腹立たしく感じることもしょっちゅうだ。「裏切って申し訳ありません」という言葉を何度聞いて、チャンスを与えてきたことだろう。

こんな小さな会社だからこそ、僕は「仲間」という雰囲気を大事にしたいと思った。あえて「社員」という言葉を用いず、いつも「メンバー」という表現をあえて用い続けた。上も下もなく、僕たちは役割として、社長や営業、制作という肩書きを持つ。同じようにしんどく、同じように幸せになる。ただ、この「同じように」という前提が崩れると、誰かがしんどくなる。誰かが不幸になる。僕はやっぱりそれを許せないと思った。

生きる力を与えることが、本当の優しさなのだと思う。甘やかしてきたのは失敗だった。1000kmという数字は、コツコツが続けば簡単なことだが、何よりもそのコツコツが難しい。コツコツの価値を理解しているからこそ、僕は、そのコツコツだけを評価していくことにする。彼らのことをまた、「仲間」と呼べるようになるだろうか。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

奈良駅前。

とても蒸し暑いです。 宿に荷物を降ろして、近隣を散策。 今からコンサート楽しんできます。

no image

たいへんたいへん、明日16日は!!

わたくし、ばたさんの29歳の誕生日ですよー!!!

SLと新幹線と、夢が並んだ。

岡山旅行の帰り道。 道の駅一本松で見かけた憧れの情景。ほんとに蒸気で動いてるー!

no image

一生懸命に働くミツバチたちの、帰りを待っているのは誰

できるだけ、カメラを持ち歩くようにしている。 景色に向かっていくのではなく、景色が出逢いにきてくれる感覚が好き。準備をしている者のところにだけ訪れる「一瞬」が存在する。どれだけ何かに追われて縛られた生 …

no image

自分のblogでさえ、まだ載せたことのない顔なのに。

朝から立て続けに3件、新規のお客様からお電話。 「神戸 印刷」と検索すると、うちの会社が上位で表示。それでお問い合わせの電話を下さるそうです、有り難い限り。 SEOといって、高いお金を払って「検索エン …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly