川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕は「うほほーいオーラ」を出して、またヤバい人間になってしまうのである

投稿日:2017年11月20日 更新日:

意味を添えて言葉にすることもあれば、語感だけでその言葉を用いることもある。

たとえば「ヤバい」なんて言葉は、意味よりも勢いだろう。文字になった表現のすべてが「ヤバい」になってしまうのは確かにヤバいのだろうけれど、会話をしているときの「ヤバい」は、ある程度の驚嘆や感動を理解できるものなら、使っても構わないと思っている。「おいしい」「ヤバい」で伝わるものを、「これはかつて口にしたことのあるどの食材よりも柔らかく、甘く、それでいて懐かしく、優しい。僕はこの感動のために今日までを生きてきたのかもしれない」なんていちいち言葉にしていれば、一瞬で面倒な人間だと思われてしまうことだろう。本当の意味で「ヤバい」奴になってしまう。

会話をしていると、この人はいま、もっと難しい言いまわしを思いついたのに、この場の最大公約数を選んで、あえてこの言葉を用いたのだな、と気付くことがある。カタカタではなくあえて「たとえば」を使ったな、とか、四字熟語ではなく「自虐」で悟らせたな、とか。

おお、かっこいい。なんて頭の良い人なのだろう。
ぼ、ぼくも、あなたのその配慮に気付いた人なのです。そのうちのひとりなのですが、えっと、気付きましたよ、今の配慮。気付きました気付きました。えーっと、挙手しましょうか? はいはーい、僕、気付いてる側の人間ですよー。うほほーい。

と、アイコンタクトなり、気付いてる空気的なものをある程度醸し出したところで(あ、この気付いてますよオーラが嫌な奴オーラなんだった)とようやく理解するのである。だが時すでに遅し。このうほほーいオーラを我慢できないところがダメなところだ。

言葉は面白い、同じことを伝えるのにも表現は人の数だけある。正解はないし、上も下もない。配慮に満ちていることもあれば、乱暴なこともある。すべて、人を表している。うほほーいは少し痛いけれど、それだって僕の個性なのだ。

表現を臆することはない。どんな人格も、どんな商売も、伝えていかなければ、伝わらない。伝えないのは存在しないのと同じ。痛くても良いではないか。その傷もまた、誰かが僕を、僕だと認めてくれる。

伝えるということ、伝わるということ。
そこに在るということ。

僕は痛くて弱いなりに、その価値を伝えていきたいなぁと思っている。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

目玉焼きには醤油かソースか ~反論には反論の作法があるということを

「僕は馬鹿だからよくわかってないんですけど」と断ってから話し始める人の意見ほど、議論の場では尊重されることが多いような気がする。それを思えば、頭ごなしに相手を批判するよりもまずは自分が一歩下がって(相 …

no image

神戸チキンジョージでマイクパフォーマンスやってきます、司会やってきます

3月14日の月曜日に、神戸の音楽っ子なら誰もが憧れるチキンジョージで同友会青年部の卒業・褒章例会というイベントを行う。自分はまた、司会をやらせてもらうことになった。書いてある原稿をそのまま読むのではな …

血の池バスクリン。

no image

川柳マガジンと、オリンピックメダリストと。

川柳マガジンを発刊されている新葉館出版さんにお邪魔してきました。 今度は朝から来て、夜まで引き籠もらせて貰おうと思うほどの川柳本の数々。こそっと持って帰ろうかと思いましたが、魅力的な本が多すぎて、鞄の …

ある応募。

言葉遊びは楽しい。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly