川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

ひとは自分の言葉に縛られる、言葉にしたのだから動くようになる

投稿日:2017年11月22日 更新日:

同友会の例会に参加。報告者は姫路でフラワーショップ花時計を営まれる嵯峨さん。前科があって、拘置所にいるときにお母さまに差し入れされた一冊の本がきっかけとなって花の世界へ進むことを決められたという。異色のプロフィール、生き方、考え方、行動力、そのすべてが魅力的で大変面白い報告だった。

安売りはしないと決めている。一方で、販路を拡大するための投資は惜しまない。それが広告費として機能するかどうかを判断の基準とする。相手に役に立つことを「思う」だけでなく「行動」する。行動にはコミュニケーションが伴う。だから相手との関係が構築されていく。思うだけでは、待っているだけでは、自分の存在を相手に伝えることはできない。戦略があるから行動をするのではなく、ぶつかっていくから信頼が生まれ、戦略が生まれていくのだということが良く伝わってきた。

報告を聞いた後のテーブルセッションではグループ長(進行役)を務めた。話をまとめるだけというのも、なんだか同友会のための形式のように思われて、3分の2の時間でまとめてしまい、残りの時間はそれぞれに「では明日から何をするのか」という行動をアウトプットしてもらう流れをつくってみた。ひとは自分の言動に縛られる。綺麗にまとめて「いい話を聞いたなぁ」ではなく言葉にしたのだから動かなくてはと思えるようにしたほうが、参加する人にとっても充実した時間になるものと信じている。刺激、学び、気付きだけで終わるのではなく、動く時間にすること。変わっていくきっかけとなるようにすること。僕がこの場で大切にしているのは、いつだってそのことだ。

Google

Google

-同友会

執筆者:

関連記事

同友会の広報委員会主催の勉強会、テーマは写真の撮り方。

姫路城公園内で、(おっさんたちが)モデルになりあって、構図や光を意識しながら撮影をして過ごす。普段は会議室で会うことの多い人たちと、こうして屋外で撮りあうのも面白くて良い。楽しかった。講師は洲本市、い …

no image

同友会は怒られるようなことを試してみる場、新しい常識を試してみる場

同友会の広報誌担当になってからずっと意識していることは、前例にないことをしようということだ。 同友会は普段、会社ではできないことを試してみる場。挑戦してダメだったら会社ではやらない。挑戦して受け入れら …

no image

話を聞くまで、田中代表理事はただのオッサンだと思っていました ~ 合同ブロック会へ行こう!

刺激的なタイトルで恐縮です(汗) 5月10日、日本ジャバラ工業の田中信吾さんの企業訪問をしてきました。言わずと知れた、兵庫同友の代表理事、兵庫同友の顔。 (しんごさんしんごさんて、みんな、持ち上げすぎ …

no image

兵庫県中小企業家同友会のホームページ「クロジノ」がリニューアルオープンしました。

兵庫県中小企業家同友会のホームページ「クロジノ」がリニューアルオープンしました。 兵庫県中小企業家同友会のホームページ「クロジノ」がリニューアルオープンしました。これまで、一部のメンバーだけが更新可能 …

差別化の極意は、大手ではできない「世話という種」を蒔き続けること ~荒木商店の廣田さん(同友会)

前川企画印刷の西端さんだったか、西端企画印刷の前川さんだったか。色々悩まれた結果なのだろう、以前僕のことを「前端さん」と呼んだ人がいた。その気持ちはとてもよくわかる。 今日、ノンアポで訪問したのは明石 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly