川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

合理化はお客様に見えてしまってはいけない、店の評価はお客様が決めるもの

投稿日:2017年11月24日 更新日:

古民家を再利用したという某飲食店に立ち寄ってみた。

たしかに食事は美味しかったのだが、高すぎる金額が気になった。また、「古民家風」なのに、玄関を入るとすぐに券売機があって、オーダーしたものは呼び出しがあったらセルフで受け取りにいくという形式になっている。お水やお茶などもすべてセルフサービス、もちろん、食べ終わった後の片づけもセルフであった。床は清掃のしやすいような設計と塗装がされていて、すべてが合理的(板間や畳などがあるわけではない)。経営をする側にとっては、「価格競争をすることもなく」「客の回転率もあげることができて」合理的なのだろうなと思った。

でもね。

合理的というのは、あくまでも経営する側の言い分であって、それがお客さんに見えるかたちで伝わってしまってはいけない。商売の評価はお客様が決めるものである。経営者同士が決め合うものでもなければ、コンサルの言う通りにすれば正しいというわけでもない。お客さんが出した金額以上の満足を覚えて、「こんなお店があるんだよ」とクチコミをしてくれる。そうやってはじめて、お店や会社は生き残っていくことができる。「安売りが良くない」のではなく、それよりも先に「値段ほどの質とサービスが伴っていない」と思われてしまっては意味がないのである。地域からも期待されているお店なので頑張ってほしいところではあるが、なんとか、人の表情が伝わる商売をしてほしいなと思った。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

卑怯の影を見ているような気もする ~郷に入っては郷に従えの「郷」はどこまで

郷に入っては郷に従え ―― その郷とはどこからどこまでのことを言うのか。また、郷の中にいる人たちは「停滞感に新しい風を吹かせてほしい」とも言う。このあたりの考え方はとても難しい。真に受けて失敗してしま …

no image

育むべきキャリアの中で大切なこと。

「客」だとか「クライアント」だとか。 そういう言葉をやめて、「お客さん」と呼んでみればいい。 ちょっと、見えてくると思いますよ。 自信は大切、でも、過剰は禁物。

no image

チャンスは準備をしている者のところに訪れる

「仕事の9割は段取りだ」って、社内では言い続けてる。 街を襲うことなく、ドラゴンは優しく空を過ぎていきました Nishibata Yasutakaさん(@bata)が投稿した写真 – 20 …

神戸のコピーライターの無料使い放題権ゲット! カレンダーの名入れ印刷で中小企業にキャッチフレーズを

中小零細企業そして個人事業のための神戸のコピーライターでありたいと思っています。 コピーライターの仕事は綺麗な文章を書くことではない 綺麗な文章を書くことがコピーライターの仕事だと思われがちですが、「 …

no image

野菜炒めと白いケーキと神戸の販促と 〜商売人であればこそ

野菜炒めの住宅街を抜けて、次の約束へ急ぐ。 会社をやり始めて間もない頃は色んなことを考えた。「お客さんから自分の名前で呼ばれるようになろう」「お客さんのところでお茶菓子を出してもらえるようになると楽し …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly