川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

年明けの2月にライブに出演することにした。

投稿日:2017年11月30日 更新日:

メンバーのスケジュールだったり、体調だったり、色々なタイミングと事情の問題もあり、いつもと同じメンバーで出られるかどうかは微妙なところ。それでも、メンバーが戻ってこられる場所を守っていくということもまた、大切なことなんだろうとも思う。僕たちは音楽で生きていくわけではない。でも、音楽はやっぱり、僕たちの一部でもある。

指の神経痛が続いていることも懸念材料のひとつではあったけれど、臆していては未来はなにも変わらない。その時その時のコンディションで最良を求めていけば良い。大丈夫、指が動かないわけではないのだから。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

背の高い本棚、君までに遠い青空。

揺れた日に訪れた背の高い本棚。 ラジオをかけて、新聞を開いている店主。古書店に漂う時間の止まったままの空気は、忙しなく流れる日常を問題提起してくれる。 世相を知るには書店の自己啓発コーナー。背表紙に踊 …

個人情報防衛策。

我が家に存在するオカマちゃん。

大阪の空にも秋が泳いで

お盆休み前の最後の打ち合わせは大阪へ。ここからはしばらく事務仕事とライティングに集中する。 コンクリートの街の体感温度は神戸や明石と比較して高く、バテそうになるのだけれど、見上げるたびに秋の気配があっ …

川柳マガジン文学賞。

第一次選考、佳作に入れてもらえましたー。 今月の川柳マガジンには、あちこちに名前が出ていて嬉しいです。

no image

ピアノに触れて今のままの。

最近楽器(ピアノ)に触れていないのもストレスの原因の一つになっているのかもしれません。今日、自分で話していて気に入った言葉。 『鏡は化粧をしている姿も映すけれど、      奏でられる音楽は心の表情そ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly