川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

暖かい親父ギャグなんてものは存在しないのだ ~灯油あったかキャンペーンに対する考察

投稿日:2018年1月2日 更新日:

たとえば「温かいざるそば」が存在しないのと同じで、「暖かい親父ギャグ」なんてものは存在しないのだ。親父ギャグは極寒の環境下において存在し得る。お蕎麦を食べて「美味しい」と言葉にする。親父ギャグを聞いて「寒っ」とリアクションをする。僕たちは自然に逆らって生きることはできない。

ガソリンスタンドで「灯油あったかキャンペーン」が行われていた。この灯油あったかキャンペーンは「灯油があったかどうか」という意味なのか、「灯油は暖かいよね」という意味なのか、それともその両方の意味を含めた思慮深い戦略によって行われているのか、どうなんだろうと考えてしばらくを過ごした。どうなんだろう。

引用元:灯油あったかキャンペーン – 句読点

「灯油あったかキャンペーン」について論文を発表した。ここに親父の意図は働いたのかどうか。

ところで、このようなことを書くと「このキャンペーンの実際の趣旨はこういうところで…」と、わざわざ調べて回答してくださる方がいるが、野暮というものである。調べたらわかるかもしれないことを、あえて調べない。それを情緒と呼ぶのだと信じたい。知らんけど。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

僕の背中は自分が思うより正直かい。

「役割だから、責任をもってやれよ」っていうのはつまり、おかんの「あんた早く宿題やんなさいよ」にも似ているわけで。 人心の掌握に長けたリーダーだと、「こっちの仕事が早く終わりそうだから、手伝うよ」と伝え …

頭を打った影響で。

僕の描くライオンはこんな風です。 少しのんびり、休憩時間。

明石公園の柵は木の成長を妨げず、シロツメクサは最後まで咲き続ける

芝が綺麗に刈られていたのだけれど、機械は上手にシロツメクサのあたりだけを避けて通っていた。誰に言われたのでもなく、誰のためにするのでもなく、ここをこんな風に残した誰かの優しさに触れられた一日はとても心 …

頭のうえの海がある。

ポニョー。 海の青のような空だよ。秋っていいね。 親父シャツの白が、波打ち際に映えるさー。

no image

薬の副作用2477症例、HP公開始まる

ゲフィチニブ(イレッサ)の副作用情報が一番多いそうです。尚、31日15時現在、アクセスを試みましたが、まだサーバの反応が遅いので内容までは確認していません。 参考までに。 ===薬の副作用2477症例 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly