川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

「反省しています」「次からは気を付けます」という言葉を信用しない理由について

投稿日:2018年1月28日 更新日:

誰かを傷付けてしまった、不愉快な思いをさせてしまった、ご迷惑をおかけしてしまった。

うちの会社は、ずっと、そんなことを繰り返し続けています。メンバーからは、マイナスの出来事があるたび、「反省します」「次からは気を付けます」という台詞を聞くのですが、僕はそれらの言葉を信用することはありません。本当の反省とは、次回からはどんな風に具体的な行動をするのか決めることです。表面的な言葉だけでは、ご迷惑をおかけしてしまった相手の気持ちに触れることはできません。

今までも何度もブログで書いてきましたが、僕は、失敗は怒りません。失敗は当然、あるものだと思っています。大切なことは、その失敗があって、次にどうするのか、ということだと思うのです。その経験と改善こそがチャンスであり成長。結果的に、お客様からの信頼を得ることに繋がり、自分たちの幸せにつながります。

それが正しいのかどうかは知りません。でも、僕はそれを、うちの会社の根底に流れる当然の意識として自覚していてほしいと考えています。失敗しない会社よりも、失敗の次に成長のできる会社。具体的な行動の決められる会社。

もちろん。それが浸透しないのは、リーダーである自分の責任。まさに「不徳の致すところ」なのです。

たくさん失敗してほしいな、と思います。経営者は何度だって頭を下げます。そうして、その失敗を重ね、許された先にあるところで、自分たちの幸福と、自分たちが「与えられている」のだということに気付く、そんな人生を歩んでほしいと願います。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

周囲の人を巻き込んでいくために必要な「捨てる」と「仮説」の繰り返し

縁の切り方という本を刊行した中川淳一郎氏がNEWSポストセブンに寄稿した内容が興味深かった。  よく、交際のきっかけを「趣味が合ったからです!」なんて楽しそうに言う人がいるが、多分、それ以上に気の合う …

no image

僕は僕をバカと言ってもらえるような生き方をしたい ~デーブスペクターさんや高田純次さんに憧れて

デーブ・スペクターさんや高田純次さんのようになりたいと思う。 BEGINが年取ったらBIGEN — デーブ・スペクター (@dave_spector) 2015, 7月 27 テキトーなこ …

no image

お腹を空かせている人と寿司職人と僕と親切と無責任の話

お腹を空かせている人がいたとしましょう。 僕はその人のために、友だちの寿司職人を呼ぶのです。「お腹が空いて困っているんだ。何か握ってあげてよ」 そうしてお腹が満ちたときに、僕は言います。「じゃ、支払い …

no image

「リスクとリターンの考え方 ~副作用を肯定する」「羨んだり妬んだりの場所にいる僕のまだまだ」

つれづれにメモしていたこと ▼ 投資を十何年とやり続けてきて自分の経験値になったのがリスクとリターンの考え方だ。リターンにはリスクが伴う。したがって僕は「副作用のない何か」というものよりは「副作用はあ …

no image

関西地区、計画停電中における前川企画印刷(ブロガー名刺)の対応について

報道等でもご承知の通り、この夏、前川企画印刷のある神戸市では、計画停電が予定されております。 前川企画印刷では、以下のような態勢を整えることで、出来るだけお客様にご迷惑をおかけすることのないように対応 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly