川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売をする僕たちが「断捨離」という言葉を使ってしまうことのデメリット

投稿日:2018年2月2日 更新日:

圧死するのなら、本の山に埋もれていくパターンを選びます(ほかにどんなパターンがあるのかは知りませんが)。

本棚のある景色がとても好きです。その人の本棚を見せてもらえると、これまで、どんな人生を歩んできたのか、どんなものに影響を受けてきたのか、色々と想像をしてしまいます。無人島に10冊だけ本を持っていけるとしたら? そんな話をするのも楽しくて仕方ありません。自分のために本を選んでくださる人も大好きです。人のために本を選ぶのもたまりません。

ところで「断捨離」です。

いつか棚から溢れ出てしまう本をどうするのですか? と質問すると、処分をするという答えがかえってきます。当たり前なんですけどね。でも、本は、本としての一冊のかたちになるまで、手元に届くまで、書く人から贈る人までのすべての想いがこもっているものなので、やっぱり大切にとっておきたいなぁとも思うのです。そうしてほしいとも願うのです。

だから断捨離を公言している人には、どうしても本を贈ることを躊躇してしまいます。

最近、これは、本だけでも、そして「断捨離」という言葉だけでもないのかな、思い始めるようになりました。

消耗品を除いて「捨てられる」ためのものをつくっている人はいません。想いの熱量は違うかもしれませんが、それでも、ひとつひとつに魂が込められているのは間違いないでしょう。

だから、特に、私たち商売を営むものは、安易に「断捨離」という言葉を公言してはいけないのではないかと思います。それは誰かの魂を踏みにじっているのではないかと思うのです。ひとのつくるものを軽視する言葉を使ってしまうと、それは回り回って、自分の生み出す魂にも正当な価値を見出してもらえないことになるのではないでしょうか。

行動として断捨離をするのはいいと思うんですよ。でもね、それは黙ってやればいいんじゃないかな、と。捨てることを前提とした立場の人のところには、やっぱりどうしても、人も情報も物も集まってこないような気がします。考えすぎ、ですかね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

自慢と自虐 ~「しゅっ」よりも「どてっ」と

【速報】弊社社員、Googleで「嘘っぽい笑顔」と画像検索すると、最上位に表示されることが判明。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年6月9日 伝えているつもりで伝わ …

息遣いが伝わるだけで、世の中は僕たちに近くなる

12月29日、年内最終営業日。 大掃除をしたり、来年やるべきことを書きだしてみたり。 100点を目指しても走り出さなければ0点なわけで。だったら60点の自分を許容しよう。60点の自分たちを見てもらえる …

no image

プレッシャーは人を弱くする凶器でもあり、人を強くする養分でもある ~期待値のコントロール

プロ野球ソフトバンクホークスの秋山監督が、リーグ優勝を決めたにも関わらず辞任することになった。  「2軍監督、1軍のコーチ、そして監督として6年。ちょうど10年間やった中で、自分の中で区切りをつけたい …

no image

キムチの苦手な昼下がり。

新入社員Nくんの研修2日目。 彼の正式な入社は9月からになりました。それまでは、時々、研修を兼ねて手伝いにくるという形。 彼には、色々な成功と失敗の経験を重ねさせて、どんな状況にも冷静に的確に対応出来 …

no image

本気の悔し涙を流せたことが、僕の仕事の誇りなのだと思った

11年目の新しい期が始まったその初日にトラブルがあった。 テキストもテキストを飾るデザインも、一体となってメッセージ。不本意に削られたり手を加えられたりしたものは、真意から遠ざかる。真意ではないものに …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly