川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

投稿日:

ふっきれたのか。
涙を流すための、「生」をいただいているのか。

肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。

===

  【佳作】別離から三日 玉子を割っている

    月刊川柳マガジン2007年11月号
    川柳柳壇(「雑詠」太田 紀伊子選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】長針がくれたご褒美だと思う   ばた

自宅前にトラック。ジャニーズばりにいっぱいに積まれたチョコを、ほんとにどうも有難うございました。 なんて台詞は、3億円を当てる以上にきっと有り得ないよね。 気になっていた玄関のドアの凹みを直しに来て貰 …

no image

【川柳】ぐうと鳴く虫を封じた母の味   ばた

高価なおもちゃを与えることではなくて    子の「おかわり」に応えてあげられる  そんな          豊かさと      優しさと               ぬくもりと   当たり前を どうか …

no image

【川柳】LLであれば色など形など   ばた

見てくれやないです、男は中身です。はい、はい、何とでもどうぞ。 えぇ、慣れてますから。 もういいですか? ご苦労様でしたー。   あ、おかーちゃん、おかわりお願いね。 ===   【佳作】LLであれば …

no image

【川柳】青春の火種に息を吹き掛ける   ばた

今月の川柳マガジンでは2つ選んで頂きました。 大人になっても、いくつになっても、まるで少年の頃のようにびびっと何かを感じて、心が熱くなる瞬間があります。 既成概念に捉われず、いつも、行動に情熱の伴う、 …

no image

【川柳】春物が隙を伺う冬の背な   ばた

もうすぐ出番。予感ある躍動、さあ、さあ。 風は頬に触れて。 すっかり温度を帯びた街は、何の演出もいらないような光を放ち、 おいでおいでの手招きを始めていた。 ===   【掲載】春物が隙を伺う冬の背な …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly