川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

投稿日:

ふっきれたのか。
涙を流すための、「生」をいただいているのか。

肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。

===

  【佳作】別離から三日 玉子を割っている

    月刊川柳マガジン2007年11月号
    川柳柳壇(「雑詠」太田 紀伊子選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】いつだって芝生が夢を聞いていた   ばた

サッカー日本代表中田英寿選手が引退を表明されました。 同じ学年の人間が第一線を退くというのは、少し寂しい感じもしますが、これからの人生を応援し、また、良い影響を与え続けてほしいと思います。 ブラジル戦 …

no image

【川柳】新緑のどこか いつかの肩車   ばた

どこまでも響く口笛の景色だった。 鳥と同じ高さにいて、僕は空を独り占めしたがった。 風は薫って、いまも、懐かしく、耳に届いて、こえは、とっても温かい。 父さんは、もう、居ないようで、 僕は、あれからも …

no image

【川柳】くたびれているのは親の膝小僧   ばた

子供はすやすや、帰り道。 そうだね、走り回ったきみの。夢を静かにつないでくれているのは、 お父さんと、お母さんの、きっと、その。 ===   【掲載】くたびれているのは親の膝小僧     ふあうすと2 …

no image

選び方も個性。僕には僕の心の色がある ~ふあうすと川柳句会の選者

人前に立つことは好き。 1をnの人に伝えられて効率がいいし、相手の顔色に意識を向ける必要もない。緊張して当然という環境なので、ある程度の失敗は許容されるという空気もある。前で話をするだけで一定の評価を …

no image

【川柳】にんげんを急ぎはしないカタツムリ   ばた

ふあうすと2007年6月号、裏表紙広告。 ===  一年を折り返す6月。この時期、納品の多い印刷屋泣かせの雨が続きますが、束の間の「太陽」を見付けては、お客様のところへと急ぎます。梅雨、明ければ、猛暑 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly