川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

no image

保健所で殺処分される犬たちを助けてあげられなかった、僕の後悔と、僕のルーツと

2018/05/01   -雑記

もうすぐ子どもの日ですね。 20年前の5月に我が家の家族になり、20年後の今日、子供の日に、子供に戻ったような顔で、帰っていきました。 引用元:何度生まれ変わっても、一緒にいたい。 | 川柳をこよなく …

no image

「頑張る」には「日付」を添えて ~酒癖の悪い方のお仕事は、すべてお断りいたします~

2018/04/26   -業務日記

「頑張ります」という言葉が響かないのは、生きていく以上、誰だって頑張ることは当たり前だと思うからです。たとえば歯を磨くことを頑張るというでしょうか、たとえば呼吸をすることを頑張ると表現するでしょうか。 …

ILCE-7M3K

α7IIIやSEL24105Gが3万円以上安くなる! ソニーストアでお得に購入する方法!

ソニーのデジタル一眼カメラα7III が大人気です。今回はこちらのαIIIや、同じく大人気のSEL24105Gというズームレンズなどを安くお得に購入する方法をご紹介します。 α7IIIやSEL2410 …

no image

3年やったら自信にしよう、5年やったら確信しよう。それで10年続いたら、言葉にしよう。

2018/02/19   -業務日記

自分の型を持つということは大切です。 バッターボックスで、神経質に、何度も土を均して、ようやく、しっくりくる型を固められたような気がします。長いペナントレース、空振りをしない程度の心構えなのかもしれま …

no image

知識の臭いではなく、経験の香りをさせる人間でありたい ~転んだ場所にある泥は人生の栄養素

2018/02/17   -業務日記

経験は価値になります。 それは僕の持論。だから、知識の臭いをさせるのではなく、経験の香りをさせたいといつも考えています。「勉強会」や「セミナー」という言葉に距離感を置きたがるのはそういう理由から。実際 …

no image

日本現代詩歌文学館の2018年の常設展に展示していただけることになりました ~僕の使命と詩歌の世界と

2018/02/15   -雑記

日本現代詩歌文学館の2018年の常設展「ゲームと詩歌」に川柳の作品を展示していただけることになりました。 できたーーー!送るー! 文学館の方が書いてくださった伝票の字の美しさに感動。 嬉しいな、作品を …

no image

ピアノとカメラと言葉と世界と ~知るとは、知らないことが増えていくということ

2018/02/14   -雑記

色々な道具があって、その道具をどんな用途で使うかは人それぞれです。 たとえばピアノ。僕はピアノで何かの曲を演奏することよりも、ピアノで作曲をすることが大好きです。演奏という表現ではなく、作曲という表現 …

no image

林檎の再生に未来を費やすよりも、木を植えなおそう ~サンクコストについて考える

2018/02/08   -雑記

前回は仮想通貨のことについて書きました。 中央銀行の発行する仮想通貨が流通し始めると、いまの仮想通貨の価値はどうなるか予測してみた 仮想通貨について聞かれることが増えてきましたので書きます。 仮想通貨 …

no image

中央銀行の発行する仮想通貨が流通し始めると、いまの仮想通貨の価値はどうなるか予測してみた

2018/02/07   -雑記

仮想通貨について聞かれることが増えてきましたので書きます。 仮想通貨の可能性と問題は色々ありますが、ブロックチェーンの技術的な特徴については面白く、素晴らしいものだと僕は思っています。ただ、技術が優れ …

shop

商売に想像力を費やすということ ~ゴールはお客様が買う場面ではなく、買った後の余韻の場面に設定する

2018/02/04   -業務日記

経営者は良くも悪くも数字で判断されるものです。 ただ、その数字という結果に至るまでには、どれだけの「ありがとう」を集められるかが大切だと思うのです。「ありがとう」を集めるための姿勢、戦略、ブランディン …

no image

一流でありたいという意識が、誰かを蔑む価値観になってしまってはいけないということ

2018/02/03   -業務日記

かつてホテルの従業員だったり、飛行機の客室乗務員だった方が「一流はこんな風な立ち振る舞いをする」という話を教えてくださることがあります。 なるほど、だから初対面の印象はとても大切なんだ。せめて一流の箱 …

no image

商売をする僕たちが「断捨離」という言葉を使ってしまうことのデメリット

2018/02/02   -業務日記

圧死するのなら、本の山に埋もれていくパターンを選びます(ほかにどんなパターンがあるのかは知りませんが)。 本棚のある景色がとても好きです。その人の本棚を見せてもらえると、これまで、どんな人生を歩んでき …

僕のルーツはASKAさん、僕のルーツのルーツは谷川俊太郎さん。東京で「谷川俊太郎展」が行われています。

2018/02/01   -情報

谷川俊太郎展が東京で行われています。 谷川俊太郎展|東京オペラシティアートギャラリー 「ほら」 「え、なに?」 「東京までの、新幹線のチケット」 「どうして?」 「行きたいって言ってたから、谷川俊太郎 …

no image

work for future、2025年問題に備えていくということ、自分に投資するということ

2018/01/31   -業務日記

2025年問題についてお話をさせていただく機会が増えてきました。 ある程度予測できている問題ではありますが、それに対して実効的な将来設計をしている人はそれほど多くないというのが実感です。今、持っている …

no image

僕の司会業のモットーは「テキトー上等」「笑いこそがすべて」「任せたひとが責任をとってくれる」です

2018/01/31   -雑記

3月の集まりで、また、司会をやらせていただくことになりました。 「あんな、感じでいいんですか?」 「あんな、感じでお願いします」 きっちりやるのではなく、アドリブでゆるくやって良いのなら司会の仕事は大 …

no image

明石で暮らす子どもたちに地元の花火大会を見せてやりたい ~明石花火大会の再開を望む

2018/01/29   -雑記

群衆事故で200名以上もの死傷者を出した明石の花火大会歩道橋事故。この事故は2001年の7月に発生しました。 今もなお、心身の傷、後遺症で悩まれている御遺族や怪我をされた方の心情もありますので簡単には …

no image

「反省しています」「次からは気を付けます」という言葉を信用しない理由について

2018/01/28   -業務日記

誰かを傷付けてしまった、不愉快な思いをさせてしまった、ご迷惑をおかけしてしまった。 うちの会社は、ずっと、そんなことを繰り返し続けています。メンバーからは、マイナスの出来事があるたび、「反省します」「 …

no image

たくさんの人に批判されている内容に耳を傾けず、たった一人の言葉を「腑に落ちた」と拠り所にして、現状から目を背けていくことについて

2018/01/27   -業務日記

たくさんの人に批判されている内容に耳を傾けず、たった一人の言葉を「腑に落ちた」と拠り所にして、現状から目を背けていく。結果、自分にとって都合の良い言葉(と人)だけが残り、人間関係がやせ細っていくのは、 …

no image

「儲かる」の「儲」という字の由来について

2018/01/26   -業務日記

「儲かる」という字は「信+者」と書く。だから、自分を信じる者(信者)を増やすようにすれば儲かる、と説くセミナー講師がいますが、これは誤り。 「儲」という字は「人偏(にんげん)+諸」の組み合わせで成り立 …

no image

「魅力的な情報を発信」という言葉は使い古されている! 道の駅「あゆの里矢田川」の広報戦略に見る「ギャップを用いたセーラー服と機関銃の法則」

僕たちの仕事は「伝わる喜びを想像し、伝えるチカラを創造する」ことです。印刷や販促、ライティングやSNS活用などの各種相談は、それを実現するための手段にすぎません。 どう見せるか、よりも、どう見られるか …

冬の朝の大蔵海岸で、洋服を着せてもらったワンコたちに挨拶をします。

2018/01/23   -雑記

防寒具を着せられてご満悦なワンコと飼い主と。凍てつく気温に見かける優しい光景に、この空気ごとどうか、永遠であってほしいと願ってしまうのです。 引用元:空気ごとの永遠 – 句読点 野生ではありえない格好 …

no image

印刷屋は見た! 商売がうまくいかずに廃業してしまう人たちに共通する3つの法則

2018/01/22   -業務日記

印刷屋さんであるうちの会社には「店を出したい」「起業したい」という方がよく、相談に訪れてくださいます。 すぐにお店をつぶしてしまう人たちにある3つの法則 色々な想いを聞かせていただけるのは大変嬉しく、 …

no image

はじめに言葉ありき。言葉は神と共にあり、言葉は神であった。

2018/01/21   -雑記

社会の仕組み、構造上の意味合いでの少数派意見(マイノリティ)になってしまうことがあります。 大多数と比較して、数の少なさは色々と不利になってしまいます。叶うならば、大多数の方にいて、もたれて、まぎれて …

no image

足元に響きつづけるのは、コツコツという音だけがずっと ~「感慨深い」という気持ちがもたらすエネルギー

2018/01/20   -ブログ論, 雑記

小学生のころの野外活動で、三室山に登山をしました。中学生のころは氷ノ山に、大学生のころは比叡山、大人になってからは六甲山を登りました。 山は、登ってきた道が見えるのがいいですね。一歩一歩をコツコツと積 …

no image

書き出す、教える、アウトプットする、それが、僕の引き出しを増やしていく

2018/01/19   -雑記

アウトプットすること、教えることが記憶の定着につながると思うのです。 「利用頻度」という言葉のあとに続くのが「高い」だったか「大きい」だったか、いつもすぐには思い出せず、「…なんてものを、よく使うんで …

no image

ブログを継続する効果とは、ブログの資産価値とは?

2018/01/18   -ブログ論

ブログは資産ですよ、それを継続していくことの価値を伝え続けていきますよ、という話を書きました。今年は具体的な数値目標も立て(絶対達成します)、ブログをベースとしたセルフブランディングを続けていきます。 …

no image

世界一のクリスマスツリーに伝えたかったこと、「鎮魂」や「復興」という文字を記号にはしたくなかったということ

2018/01/17   -雑記

2017年の冬に神戸にやってきた「世界一のクリスマスツリー」は物議を醸しました。 色々な考えがあって良いと思うのです。「議論を呼ぶことで木(nature)との関わりについて考えるきっかけにしてほしい」 …

no image

「音」の出るものの配置で考える「後厄」の僕の一年

2018/01/16   -雑記

2017年、僕はいわゆる「本厄」の一年でした。 それでも、前半はとても素敵な時間を過ごすことができたのです。たくさんのチャンスをもらいました。違和感のあった人たちと距離を置くこともできました。心をどん …

no image

西宮市長である今村岳司氏のブログに感じる、報道されてくる内容とのギャップ

2018/01/15   -雑記

西宮市長である今村岳司氏の言動と行動は、時折、問題になることがあります。 報道されてくる断片だけを聞いていると「市長らしからぬ酷い人だなぁ」と思ってしまうのですが、ご本人の書かれているブログを読むと、 …

no image

星野監督の訃報 ~周囲に優しく、本人に厳しい、見習いたかったリーダーシップ

2018/01/13   -雑記

人生で一番野球を見たのは、星野さんが阪神の監督だったときで、明石出身の藤本選手が恐怖の8番打者として活躍していたころでした。 星野仙一取締役副会長永眠に関して|東北楽天ゴールデンイーグルス 星野仙一取 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)