川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい/東直子

投稿日:

あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい
東直子(twitter)
十階 短歌日記2007

荷を背負ったままで走りきれるわけがないのに、まるで命よりも重たいものであるかのように抱えてしまう。結果、膝から崩れ落ちて君は、追いつかれて肩にかかる手にすべてを諦める。守るようにして胸にあったものは、執着が名を変えただけのもの。捨てることを先に立てたら、新しい景色に触れることができる。

何をやるか決めることよりも、何をやらないかを決めることの方が重要な気がする。生産性のある仕事をしている人の机はいつも片付いていて、僕の机のように、山や谷や土砂崩れの跡がない。身軽さが加速の根源であることはわかっていても、思いきれないのはどうしてだろう。いつか自分がメモに残した「やればできる子はやらない子」の文字に、自ら刺さってる。どんな空が見えてくるだろうと想像するのは深い林のなか。光に遠いところでキーボードを打つ。

Google

Google

-短歌鑑賞
-

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそう …

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする 木下龍也(twitter) つむじ風、ここにあります 新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わっ …

no image

[短歌鑑賞]あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり/今上天皇(平成)

あまたなる人の患ひのもととなりし海にむかひて魚放ちけり 今上天皇(平成) 天皇陛下:水俣など訪問地を題材に短歌 天皇陛下は全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会にちなむ歌を詠まれ、毎年、その …

[短歌鑑賞]母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように/岡野大嗣

母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように 岡野大嗣(twitter/blog「第2ファスナー」) サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16) 「最近の親は子どもにこんな変わった名前をつけるん …

[短歌鑑賞]だまし絵に騙されあっていましたね でたらめにうつくしかった日々/笹井宏之

だまし絵に騙されあっていましたね でたらめにうつくしかった日々 笹井宏之 てんとろり 放課後や夏休みは永遠に続くように思われた。幾つもの夢を語り合って、世界は僕たちの手のひらをコロコロとした。悔し涙も …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)