川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話/杉崎恒夫

投稿日:2014年8月23日 更新日:

風鈴の思い出しては鳴っているあれはゆうべの星との会話
杉崎恒夫
パン屋のパンセ

縁側、冷たい水。蝉の声、高校野球の実況中継に団扇の風、時折、風鈴。

夏は空がキーンとしていて、ひとつひとつの景色や音が色濃く残ってる。まだ、父もいて愛犬たちもいた子どもの頃、夕暮れの風鈴はひと際で、夜になっても余韻を伝え続けていた。都会化が進んで、風鈴も騒音に感じられるようになってしまった地域もあるらしい。人それぞれ、でも、僕は月や星に吊るされたように鳴るその音色が大好きだ。

地球上の海岸の、砂の一粒一粒を集めても、宙の星たちの数には及ばないということを知った。星の正確な数は誰も知らなくて、星になる話の神秘を信じるのは誰も自由で。静かに語らってみるのもいいけれど、時折、響く、その音に耳を澄ませながら懐かしい時間に触れてみる。昔からの時間が敷き詰められていく幻想の夜を、そんな風に過ごしてみるのも悪くない。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている/大森静佳

夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている 大森静佳(twitter) 歌集 てのひらを燃やす (塔21世紀叢書) 第39回現代歌人集会賞、第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会 …

no image

[短歌鑑賞]たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる/笹井宏之

たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる 笹井宏之 えーえんとくちから 理論は統計で、統計は感情や思惑の積み上げに過ぎない。だから結局、直感や感覚と呼ばれるようなもので最短距離を選べる人は …

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶 木下龍也 つむじ風、ここにあります ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。 華やかな舞台、栄冠。その …

[短歌鑑賞]あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい/東直子

あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい 東直子(twitter) 十階 短歌日記2007 荷を背負ったままで走りきれるわけがないのに、まるで命よりも重たいものであるかのように抱えて …

[短歌鑑賞]Googleにホットスポット記されず北北東の風に吹かれる/天道なお

Googleにホットスポット記されず北北東の風に吹かれる 天道なお(twitter/blog) NR 何年も通った校舎の前にいて、もう同じように帰ることはできないことを思って苦しくなる、こんなに。 賑 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)