川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう/吉田恭大

投稿日:

知り合いの勝手に動く掃除機を持っていそうな暮らしをおもう
吉田恭大
短歌研究 2013年11月号

スタートラインは同じだった同級生たちも、今は方向も速度もそれぞれで、その場所から見える景色を教えてほしいとも思うし、過去形にしてしまった現実は沈黙にしまっておいてほしいとも思う。なんでも話せたはずが、自分に向けられるような地雷を避けて話すのは大人になったからで、大人は自分の傷のことをよく心得ている。

今だって言葉で伝えたがるし、いつかきっと、ピアノにも戻りたいと思うよ。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように/岡野大嗣

母と目が初めて合ったそのときの心でみんな死ねますように 岡野大嗣(twitter/blog「第2ファスナー」) サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16) 「最近の親は子どもにこんな変わった名前をつけるん …

no image

[短歌鑑賞]この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう/東直子

この街が廃墟になっても後ろ手に空を見上げたままなのでしょう 東直子 十階 短歌日記2007 明石駅に降り立った父は、ホームからお城を望む光景をいたく気に入って、この街に暮らすことを決めたという。お堀が …

[短歌鑑賞]わたくしは水と炭素と少々の存在感で生きております/笹井宏之

わたくしは水と炭素と少々の存在感で生きております 笹井宏之 ひとさらい 昨日歩いた道のどこかで見かけたタンポポの数を僕たちは覚えているわけはなく、それでも、タンポポが咲いていたという事実だけは思い出す …

[短歌鑑賞]夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている/大森静佳

夕空が鳥をしずかに吸うように君の言葉をいま聞いている 大森静佳(twitter) 歌集 てのひらを燃やす (塔21世紀叢書) 第39回現代歌人集会賞、第20回日本歌人クラブ新人賞、第58回現代歌人協会 …

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず 吉川宏志 燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書) 新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。 出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)