川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書 雑記

ペットロスとは ~犬を飼いたい人へ、猫を飼いたい人へ

投稿日:

まんぷく遊々記という漫画がある。

webで紹介されていた漫画が書籍になったもの。どんな漫画・内容であるかは、実際に作者の方のブログでご覧いただければと思う。

まんぷく遊々記

こちらのブログのなかで描かれている「ペン太」という猫は、もう、この世にはいない。

桜にとても怯えていたペン太、家人が留守の間はご飯を食べようともしなかった。
ペンをくわえてくると褒められたペン太、だから、たくさんペンを運んできた。
布団に入って寝ることはなかったペン太が、死期を悟って布団に潜ってきた。

とても可愛くて愛されていた様子が、一話一話、一コマ一コマからよく伝わってくる。

犬を飼いたい人、猫を飼いたい人、動物を家に迎え入れようとしている人がこの漫画を事前に読んでおけば、それなりに考えるきっかけにはなるのではないかと思った。もちろん、いまこの瞬間、犬や猫が家族にいる人たちに読んでもらうことができれば、毎日のひとつひとつの瞬間がかけがえのないとても愛おしい時間であることを再認識してもらえると思う。

多くを語るより、実際に読んで、動物に向ける、動物から与えられる絆と愛情を感じ取ってほしいと願う。

まんぷく遊々記 ペン太のこと1

まんぷく遊々記 ペン太のこと2

まんぷく遊々記 ペン太のこと3

まんぷく遊々記 ペン太のこと4

まんぷく遊々記 ペン太のこと5

まんぷく遊々記 ペン太のこと6

まんぷく遊々記 ペン太のこと7

まんぷく遊々記 ペン太のこと8

まんぷく遊々記 ペン太のこと9

まんぷく遊々記 ペン太のこと10

まんぷく遊々記 ペン太のこと11

まんぷく遊々記 ペン太のこと12

まんぷく遊々記 ペン太のこと13

13話、読み終えるのに10分もかからないと思う。時系列で読みやすいように、それぞれのリンクを張る形で紹介させていただいた。

犬が好きで、大好きで、でも、飼っていたという過去形でしか語ることのできなくなってしまった。いつか線を越えたら、たとえ許してもらえなかったとしても、まずはたくさん謝るのだろうな、と思う。そして、たくさん感謝を伝えるだろう。ペットロスの傷は深くて、今でも毎日思い出しては、泣いたように笑ってしまう。だからこそ、この漫画で描かれていることは染みるし、伝えたいと思った。

犬を飼いたい、猫を飼いたい、動物を飼いたい、すべての人に届きますように。

Google

Google

-読書, 雑記
-,

執筆者:

関連記事

no image

涼風至るころの夢を見て

お盆過ぎまでバタバタする、ニシバタする。これを潜り抜けたら、飲みにいきたいな。なんというかその、しみじみと飲む感じで。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年8月1日 …

精神障害への理解を深めよう、神戸須磨に交流カフェがオープン。

ある日の、経営者同士の勉強会の模様。 障がい者の方の雇用に関して、職業能力の開発と雇用機会の拡充を支援する活動をされている特定非営利活動法人すまみらいさんにお邪魔して、お話を伺ってきました。 精神障害 …

no image

「僕はどうせ」と地に触れた冷たさを知る人は、同じ温度を知る人の気持ちになることができる

ペーパーテストが大の苦手だった。 高校入試の社会科の試験では「核家族」しか解答がわからなかったし、高校時代の通知簿は10段階評価で2をもらったこともある。これくらいの酷い成績になると数字も赤で印字され …

no image

「ほくほく」という言葉はコロッケのために ~学校帰り、夕暮れのコロッケ

音楽もそう、文章もそう、そして写真もそう。 伝えるということを想像して、創造する。僕の大好きな時間で、公私にわたって、いま、そればかりを考え続けている。同じ欲求のある人たちを支援するかたちで、世に存在 …

その小さな鼓動に手を添えて。

父さんの仏前で、堪えていたものが止まらなくなった。こんな時だけ力を貸してくれって困るだろうな。それでも、頼むよお願いだよって、叫んでしまった。 年齢のこともある。苦になる選択をするつもりはない。この病 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)