短歌鑑賞

[短歌鑑賞]たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる/笹井宏之

たっぷりと春を含んだ日溜まりであなたの夢と少し繋がる
笹井宏之
えーえんとくちから

理論は統計で、統計は感情や思惑の積み上げに過ぎない。だから結局、直感や感覚と呼ばれるようなもので最短距離を選べる人は、間違ってはいなくて、羨ましがられて、すこし、妬まれることになる。ひとは、自分にないものをとても欲しがるものだから。

こんなことを考えているのだろうな、という想像で繋がれたら、優しくなりあえる。世界は広がって、春の優しさに膨らんで。

寒い日だから、温かい歌を読んでみたくなった。