川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]Googleにホットスポット記されず北北東の風に吹かれる/天道なお

投稿日:

Googleにホットスポット記されず北北東の風に吹かれる
天道なお(twitter/blog)
NR

何年も通った校舎の前にいて、もう同じように帰ることはできないことを思って苦しくなる、こんなに。

賑やかな声や楽器は思い出のままに響いて、違うのは真新しい制服たちの顔。この喪失感は、大切にしていたカセットテープに重ね録りをされたときに似ている。遠くなっていく場所、薄くなっていく記憶。目を細める束の間の回帰。

事故があって、帰れなくなった人たちの存在は知っている。でも、帰れなくなった人たちが、今どこにいるのかは知らない。見えない恐怖からどんな風に逃げていて、奪われた故郷の何色の空を思い出しているのか、想像することさえしない。過ぎていくとはそういうことで、「わたしたち」だった主語が次第に「わたしとあなた」になっていく。

そうして、あのあたりには今も、風に運ばれた見えない何かが積み重なっていることを、時々は思い出して。

Google

Google

-短歌鑑賞
-

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする 木下龍也(twitter) つむじ風、ここにあります 新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わっ …

[短歌鑑賞]助手席のクーラーからは八月の土のにおいが漏れて 遠雷/山崎聡子

助手席のクーラーからは八月の土のにおいが漏れて 遠雷 山崎聡子(twitter) 手のひらの花火 歌人の穂村弘さんは、この歌をとりあげて次のように評している。 「クーラー」「土のにおい」「遠雷」は、そ …

[短歌鑑賞]ならべるとひどいことばにみえてくる頑張れ笑え負けるな生きろ/岡野大嗣

Amazonでサイレンと犀を購入すると、特典に安福望さんのポストカードがついてきた。安福望さんはこの本の装画と挿し絵を描いている方で、神戸の西の方、多分きっと明石に近いところに住んでいると思われる。 …

[短歌鑑賞]たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶/木下龍也

たくさんの孤独が海を眺めてた等間隔に並ぶ空き缶 木下龍也 つむじ風、ここにあります ソチ五輪のフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦選手の活躍は見事だった。 華やかな舞台、栄冠。その …

[短歌鑑賞]あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい/東直子

あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい 東直子(twitter) 十階 短歌日記2007 荷を背負ったままで走りきれるわけがないのに、まるで命よりも重たいものであるかのように抱えて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)