川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳鑑賞

[川柳鑑賞]痛み止め塗ってもらったちぎれ雲/赤松ますみ

投稿日:

痛み止め塗ってもらったちぎれ雲
赤松ますみ
川柳作家全集赤松ますみ

地球に最接近した火星が月と並ぶというニュース。FaceookやTwitterに、それぞれの場所から見える星たちが並んだ。

見上げて写真を撮れば、空はそれらしい表情をした景色になってくれる。だから、今さら、空を見上げて息を吐くくらいならば、解決のための一歩目を踏み出しなさいという正論があるのも承知はしている。大人の事情で頬を流れたひと筋は、痛くて冷たいのだから、僕は集団を離れた雲の自由にあしたを重ねて、しばらくを過ごすけれど。 

「夕暮は大きな書物だ/すべてがそこに書いてある/始まることや/終わることや―/始まりも終りもしない頁の中に」 – 谷川俊太郎さんの写真ノ中ノ空のなかの一節。赤松ますみさんの句に触れて、僕は谷川俊太郎さんのこの言葉を思い出した。色のある世界に心を奪われながら、無色無形に帰っていく。だから人は、あかね色の空に預けるように涙をこぼせるのかもしれない。

Google

Google

-川柳鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

no image

[川柳鑑賞]千の風まだ群れにいていいですか/長島敏子

千の風まだ群れにいていいですか 長島敏子 夕映え 「あっち」と「こっち」はどれくらい離れているのだろう。 子どもの頃は怖くて仕方のなかったあっち側も、僕を知った、僕の知った、たくさんの命たちが集ってい …

no image

お盆と終戦記念日が重なったのは歴史の偶然

夕暮れにヒグラシの気配を感じて調べてみたが、お盆と終戦の日が重なったのは偶然らしい。こんなにも物悲しい景色が全て同じ日にあるというのも不思議なことだ。 セミは動物としての本能だけで夏の終わりを感じてい …

[川柳鑑賞]夕焼けに一番近いクレーン車/山口早苗

夕焼けに一番近いクレーン車 山口早苗 三省堂現代女流川柳鑑賞事典 背中には夕焼けがいて、一日を終える頃に見上げるクレーン車が好き。動く気配はないけれど、汗をかいていたような雰囲気だけが残るその。今日は …

no image

【川柳鑑賞】掌に掬った港船が出る   河? 誠太郎

小さな港町。  掌におさまるほどの景色、繰り返されるのはきっと同じ営み。これまでも、これからも、ずっと、ずっと。 高台から見渡す日常。  「こんなのも、いいな」、と、作者、ひとり。 船はいつもの音をた …

no image

【川柳鑑賞】墨に酢を垂らし書いてる緑の字   河? 誠太郎

河?さん(小僧さん)、いつも、投稿ありがとうございます。 川柳の様々な試みを今年は自分でも挑戦してみたいと思っています。是非、既発表、未発表に限らず、私でよければ、鑑賞させてくださいね。 いつも、返信 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)