川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

短歌鑑賞

[短歌鑑賞]三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり/中村偕子

投稿日:

三月の十日の新聞手に取れば切なきまでに震災前なり
中村偕子
変わらない空 泣きながら、笑いながら

東日本大震災を経験した五十五人の共著である短歌集変わらない空 泣きながら、笑いながらを読んだ。どの歌も淡々と描写されている分だけ、言葉にはできない行間の無念が重たい。すべての歌に英訳が添えられているのはこの震災を後世に世界に伝えたいという編者の想いもあって。

picking up
a newapaper dated
the tenth of March
heart breaking, that it was
before the great earthquake

阪神淡路大震災のとき、僕は大学受験を目前に控えた高校三年生だった。震災の朝を境にして、それまでの当たり前は当たり前でなくなって、それまでの無関心は関心へと変わっていった。

瓦礫の街、交通網が寸断された世界で代替バスを待つ。僕を受験生だと気付いた人がいて、列の前の人たちに大きな声で訴えてくれた。「この子、今から京都まで受験行くねんて。バス待ってる間に風邪でも引かせるわけにいかへんやん。先、乗らせてやってもええよな?」

神戸を離れて東へ向かうにつれ、屋根のブルーシートは見かけなくなっていった。宿についてすぐ、風呂の蛇口からお湯が出ることに感激した。ホテルの人は「特別ですよ」と言って、夜食の差し入れをしてくれた。みんなが僕に特別をしてくれたのは、あの日からしばらく、ずっとのことで、とても不思議な時間だったのを覚えている。日常は日常ではなくなってしまったけれど、そこにある特別にたくさん触れられたのは、震災が与えてくれたものだった。

震災のまえ、そして、あと。「たくさんのひとたちに」「たいへんなことがおこった」という事実は知っていても、ひとりひとりのその後や今は知る由もない。神戸からの20年。僕たちは、いろいろのあとの今を生きて笑っている。なにができるわけでなくても、ただ生きている。それだって「そのあと」の軌跡として意味があると考えるのは都合が良すぎるのかもしれないが、生きているというのはそれくらい、特別と特別の積み重ねなのだと感じるようになった。

Google

Google

-短歌鑑賞
-,

執筆者:

関連記事

[短歌鑑賞]さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない/杉崎恒夫

さみしくて見にきたひとの気持ちなど海はしつこく尋ねはしない 杉崎恒夫 パン屋のパンセ 作者の杉崎さんは大正8年生まれ。2009年に亡くなってしまわれたが、この歌は70代か80代の頃に詠まれたものだそう …

[短歌鑑賞]自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず/吉川宏志

自殺者の三万人を言いしときそのかぎりなき未遂は見えず 吉川宏志 燕麦―吉川宏志歌集 (塔21世紀叢書) 新しい看板のまま、もう、営業をしている気配のないお店。 出来てすぐに潰れた場合もあれば、最後の最 …

[短歌鑑賞]助手席のクーラーからは八月の土のにおいが漏れて 遠雷/山崎聡子

助手席のクーラーからは八月の土のにおいが漏れて 遠雷 山崎聡子(twitter) 手のひらの花火 歌人の穂村弘さんは、この歌をとりあげて次のように評している。 「クーラー」「土のにおい」「遠雷」は、そ …

[短歌鑑賞]新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする/木下龍也

新しい朝が来たけど僕たちは昨日と同じ体操をする 木下龍也(twitter) つむじ風、ここにあります 新しい朝という言葉には、普通、エネルギーに満ちた気配が伴う。「だからこれを始めよう」「生まれ変わっ …

[短歌鑑賞]あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい/東直子

あと少しのぼれば空が見えますよ抱きしめているもの捨てなさい 東直子(twitter) 十階 短歌日記2007 荷を背負ったままで走りきれるわけがないのに、まるで命よりも重たいものであるかのように抱えて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)