川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】やられては笑ってくれた 鬼は外   ばた

投稿日:

笑い声に満ちた景色ほど いま

懐かしくて切なくて

そんな空気を作ってくれていたことに

やっと気付いて 気付かなくて
これまでを ゴメン

ね また きっと また

幸せな時間は 何度でも繰り返そ

ありがとう  福はいつでも そばに満ちていたんだね

===

  【掲載】やられては笑ってくれた 鬼は外

    ふあうすと2008年2月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

【川柳】まとめ買い 母にはうんと長生きを   ばた

約束のように、おまじないのように。まとめ買いの数だけの、これからのこと。 振り返るには、まだ早い。 どうか、色鉛筆。彩のある未来、軽い声に満ちて。 ほっと出来るままの、今のまんまを、ずっと。 === …

ふあうすと川柳社で選者を務めること、同友会で報告をすること、同友会でマイクパフォーマンスをして暴れること

ふあうすと川柳社は、昭和4年に神戸に誕生した川柳結社。川柳六大家と呼ばれるうちの一人、椙元紋太によって結社された。前川企画印刷でふあうすと誌の編集と印刷を担っている関係で、同人の一人として参加するよう …

no image

【川柳】持ち方を叱られた箸骨拾う   ばた

4月に亡くなった祖父。 いつも優しい、そして、厳しい人でした。幼少の頃、テレビを見ながら食事をしていると、それだけで怒られたり、箸の持ち方を怒られたことが忘れられません。 激動の昭和を生きて。すっかり …

【川柳】震災の夜 神様のような湯気   ばた

一瞬が全てを裂いた。 冷たい朝だったことを覚えている。 雪は、廃墟に立ちつくすひとたちを刺しながら舞った。 訪れてくれた友たちと、温度を求めて街を彷徨った。 元町にある父と母の店は、燃えているのだろう …

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

康孝の孝 父の名と母の詩と こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。 大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。でも、今までに自分が2000句以上もの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly