川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】コロッケを語る印刷屋のあした  ばた

投稿日:

会社に着くまでの間に、メールや電話で仕事が決まっていくことがある。
夜に蓄えたエネルギーを一気に放つかのような相手の勢いに、こちらも即決即答で
対応するようにしている。朝に仕事が動き始めると、リズムが生まれて気持ちいい。

 ジャンケンもおはようも 後出しのバカ

一度だけお会いしたことのある、広島の柳友Sさんに電話。
わがままなお願いに、快く応じて下さった。

「いつもblogを無料で読ませて貰ってますから、そのお返しに」

ユニークな対応、自分はこんな風に心広く相手に応じることが出来るんだろうか。
高速道路が乗り放題になった暁には、広島の句会にも参加したい旨をお礼の
メールの中で伝えた。

 1000円の価値しかないというわけじゃ

大阪十三、お肉屋さん。

ホームページリニューアルの打ち合わせ。
ついでに、お肉屋さんのブランドを活かした新しい商品の提案もしてみる。

担当の方がこちらのアイデアを聞いて、目を輝かせて面白いと言って下さった。

ただの印刷屋でもなく、ただの制作会社でもない。
企画提案の出来る、パートナー企業としての立ち位置を、こんな風に演出して
いきたいと思う。

 コロッケを語る印刷屋のあした

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】少年の涙で僕は言いました   ばた

訴えかける気持ち。一生懸命、一生懸命。 純粋な想いを、人は、子供の頃の涙を伴って言うのです。 ===   【佳作】少年の涙で僕は言いました     月刊川柳マガジン2006年7月号    第5回川柳マ …

no image

【川柳】タッパーの音 故郷は秋祭り   ばた

そこに置いてきたものがあります。 そこに飛ばしているものがあります。そこから飛んでくるものがあります。 僕は その線の温もりを 時々は思い出して 嬉しいような、罪悪感のような複雑な気持ちを抱きながら …

no image

【川柳】明日咲く花があるからよく眠る   ばた

「明日も」「明日こそは」 人それぞれの、どんな未来も、どんな明日も。待ってみること、信じてみること。 今日はボロボロに傷ついた蕾だって明日は光を受けて、大きな花を咲かせるかもしれません。 光を探して。 …

no image

【川柳】国境の濡れ雑巾が追いつかぬ   ばた

繰り返してばかりの、争いの炎に。 飽き飽きしていて、それは、天気予報と変わらないくらい、見慣れたニュースの一部だった。 きっと、誰かが始めたんだろう。きっと、そのうち終わるんだろう。 そんな程度の認識 …

no image

【川柳】節穴でいい身の丈の幸でいい   ばた

もったいない、もったいない。 きっと、誰もが羨むような何かが次々と。毎日、通り過ぎていくのでしょう。 でも、あいにく。 わたしの目は、節穴で。 今日も、焦らず、のんびりと。 天気がいいねの挨拶で始まる …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly