川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

投稿日:

康孝の孝 父の名と母の詩と

こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。

大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。
でも、今までに自分が2000句以上もの句を作り続けてきた中で、一番の気持ちを込めて
詠んだ、想いのある句でした。

さて、昨日。

少し早い僕の誕生日会で、思いがけないプレゼントを家族からもらってしまいました。

書道家の方に書いていただいた色紙!

自分の名前が入っています、そして、自分のイラストのスタンプまで入っています。
字体、字のバランス、雰囲気、額縁の色味、、、

A型の神経質な自分の性格をして、これはもう、「完璧」です。大好きです。

たまりません。
また、また、また。

めちゃくちゃ泣いてしまいました。

そうでなくても「14日は親父の誕生日だよなぁ」って考えながら、
この句を読み返して、書いたときの気持ちを思い出したりしていたのに。

川柳家の憧れの一つは、活字や石碑、色紙など、特別な形で自分の句が世に残ること。

そして、それが自分の想いある句であれば、尚更です。

父の子で、母の子で。

良かったのは勿論。
あなたがわたしの子どもで良かったと。

いつも、いつか。 父にも母にも言って貰えるよう。

ますます頑張ろうって、思いました。

ありがとう。

今までの、どの誕生日プレゼントよりも。
心に残る贈り物になりました。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】戦争と平和 カルビとさとうきび   ばた

つまり、それほど、遠くもなく。こっちとあっちの隔たりは、脆くあり。 ざわわ、ざわわの、風の舞う場所。 眠る魂たちは、何か、微妙な空気を感じ始めている。   のだとすれば、さて。 ===   【掲載】戦 …

no image

【川柳】夕焼けの具材になって包まれる   ばた

一日の仕事を終える頃の西の空。 汗も、やれやれも。くたびれた顔も、やり終えた顔も。 夕焼けの一つになって、夕焼けに溶け込まれて。 ほっとした、景色の中にいるのです。 ===   【特選三】夕焼けの具材 …

no image

【川柳】遺伝子を叩き直しているチャペル   ばた

魂を浄化させて。 今までの自分ではない、自分の中の流れを祈る。きっと虫のいい話なんでしょうが。 それだけの決意をもって、臨むもの。 きみと、ここからの、ぼくらの道は。 ===   【掲載】遺伝子を叩き …

no image

【川柳】いつだって芝生が夢を聞いていた   ばた

サッカー日本代表中田英寿選手が引退を表明されました。 同じ学年の人間が第一線を退くというのは、少し寂しい感じもしますが、これからの人生を応援し、また、良い影響を与え続けてほしいと思います。 ブラジル戦 …

no image

【川柳】くたびれているのは親の膝小僧   ばた

子供はすやすや、帰り道。 そうだね、走り回ったきみの。夢を静かにつないでくれているのは、 お父さんと、お母さんの、きっと、その。 ===   【掲載】くたびれているのは親の膝小僧     ふあうすと2 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly