川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

投稿日:

康孝の孝 父の名と母の詩と

こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。

大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。
でも、今までに自分が2000句以上もの句を作り続けてきた中で、一番の気持ちを込めて
詠んだ、想いのある句でした。

さて、昨日。

少し早い僕の誕生日会で、思いがけないプレゼントを家族からもらってしまいました。

書道家の方に書いていただいた色紙!

自分の名前が入っています、そして、自分のイラストのスタンプまで入っています。
字体、字のバランス、雰囲気、額縁の色味、、、

A型の神経質な自分の性格をして、これはもう、「完璧」です。大好きです。

たまりません。
また、また、また。

めちゃくちゃ泣いてしまいました。

そうでなくても「14日は親父の誕生日だよなぁ」って考えながら、
この句を読み返して、書いたときの気持ちを思い出したりしていたのに。

川柳家の憧れの一つは、活字や石碑、色紙など、特別な形で自分の句が世に残ること。

そして、それが自分の想いある句であれば、尚更です。

父の子で、母の子で。

良かったのは勿論。
あなたがわたしの子どもで良かったと。

いつも、いつか。 父にも母にも言って貰えるよう。

ますます頑張ろうって、思いました。

ありがとう。

今までの、どの誕生日プレゼントよりも。
心に残る贈り物になりました。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】そのナイフ林檎を剥いてみてごらん   ばた

強がりの顔をして、優しさを隠してばかり。 ありのままでいいのに。本当のまんまで、いいのに。 心に触れる、君の温度を。 与えてごらん、きっと、氷は湖の広さに。 ===   【特選】そのナイフ林檎を剥いて …

【川柳】震災の夜 神様のような湯気   ばた

一瞬が全てを裂いた。 冷たい朝だったことを覚えている。 雪は、廃墟に立ちつくすひとたちを刺しながら舞った。 訪れてくれた友たちと、温度を求めて街を彷徨った。 元町にある父と母の店は、燃えているのだろう …

【川柳】二月堂上っていただくお茶がある   ばた

夏の出来事。 色々苦しいことが続いて、何か懐かしい景色に触れたくなりました。訪れたのは、奈良・東大寺。 自分は、特に何かの信仰があるわけではありませんが、仏陀さんの言葉には学ぶことが多く、春先から、そ …

no image

【川柳】ベビーカー僕もいつかは持ち上げる   ばた

出来ちゃった結婚だとか、なんだとか。 無責任な弱さを、勢いでどうにかするなんて。 ぼくは、わたしは。 生まれて、いいのですか。 望まれて、生まれるのですか。 今からそこへ参ります。 どうか、しっかりと …

川柳文学コロキュウムの柳誌で鑑賞文を書いています

川柳文学コロキュウムの柳誌で、鑑賞文を書かせてもらっています。 川柳の世界では、40歳になった自分でも「若手」。先輩方に気を遣いすぎると何も書けなくなってしまうので、開き直って好き勝手にやっています。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly