川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 雑記

会場下見行ってきた! 兵庫県中小企業家同友会青年部キックオフ会於西明石キャッスルホテル

投稿日:

7月24日に行う「兵庫県中小企業家同友会青年部キックオフ会」の会場下見、西明石キャッスルホテル。

スピーカーの位置を確認したり、照明を操作して雰囲気を確かめてみたり。実際に足を運んでみて気が付くことは多い。場を提供していただくホテルの方とのコミュニケーションも大切だ(たくさんのご提案とご指摘をいただいて本当に助かった)。

事業責任者は日本で一番ハイラックスサーフを売る会社Weedを経営する森本さん。セミナーとは違うプレゼン大会なので、リアクションの出やすい雰囲気を作ることは重要。僕は「話す側」で、森本さんは「聴く側」で当日の想像を膨らませた。

参加していただいた人たちにnext actionという変化を期待するのは仕事でも同友会でも同じ。何が目的で何が手段か、主役は誰か、しなければいけないこと、してはいけないこと。カードのように積み上がっていく一つ一つが線になってイベントは達成感を得られる。当日まで、その想像を繰り返しながらサポート委員会のチーム力を発揮していきたいと思う。

Google

Google

-同友会, 雑記

執筆者:

関連記事

no image

コストパフォーマンスの高い努力を。

努力とは絶対的なものだけれど、あえて、相対的なものだと考えてみる。 たとえば、今日のような花火大会の行われる日、その時間帯に。同じ100という努力を行うのであっても、誰かの遊んでいる時間帯だと考えれば …

冷えピタ中の29歳乙女。

熱は引き始めた模様。

活発な意見交換が行われ、効果の出る会議の進め方

会議は何らかのアクションが決められる場。読んでわかることであれば紙に纏めておき、賛否や問題点を含めた活発な議論が行われるように予め仮説を作って臨む。もっとも、事前のストーリーがあまりに強固でも予定調和 …

言葉たちのリアル、言葉たちの想像。

文芸の世界にも写実主義とロマン主義とがあって、虚構であってはならないという意見と表現のなかで想像は自由であるという意見が対立する場面をよく見かける。どうであれ、読み手の想像力に委ねることに変わりはなく …

詩歌の世界の「わかる」「わからない」の話 ~五行歌への挑戦

川柳や短歌はもちろん、詩歌の世界では「わかる」「わからない」の話になることが多い。 どういう情景や心情を伝えようとしているのかわからない、いや、わかる。わかるが、わかりすぎてただの説明になってしまって …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly