川柳

【川柳】言葉などなくて 二人は今もまだ   ばた

いつもblog上でコメントをいただく小僧さんのメッセージに、不肖ながら、
思うままに綴ってみたいと思います。

どうぞ御笑覧くださいませ。

===

 墓に来てろうそく二本平行に   小僧

今も変わらない距離感であるお二人の愛情が読み取れます。

ただ、「平行」という言葉では、否定的な解釈(=どこまでも交わらない)も
出来ますので、いっそ優しく

 寄り添った炎の揺れている墓前   ばた

なんて、言い切ってしまってみては。

2本のろうそく、風に揺れながら、寄り添いながら。
静かに語りを続けている… そんな情景と愛情を織り込んでみましたが、いかが
でしょうか。

「墓に来て」という表現は、「墓前」という表現に改めると、2文字分稼げますし、
「墓に来て(墓前)」であるならば、「ろうそく」と書かずとも、「炎」で何の
ことかわかりますね。 

省略できるところは省いて、空いたスペースに「人間」を置いてあげる。
それが、いつも勉強させていただいている「ふあうすと」の句に共通して言える
ことのように思います。受け売りで申し訳ないんですが(汗)

 墓に来てろうそく二本君と僕   小僧

僕は、こちらの句が好きだな、と思いました。

小僧さんと奥様が、何年連れ添われたのかは存じ上げません。
でも、何年経ったとしても、自分たちのことを「君と僕」という若々しい言葉で
表現されることに、奥様を今でも大切に想われる気持ちが伝わってくるように
思うのです。

形は失われても、魂の結びつきは不変。
小僧さんのお人柄がうかがい知れる、優しい句ですね。
堪能させていただきました、ありがとうございました。

 言葉などなくて 二人は今もまだ   ばた