川柳

【川柳】君と見た景色の中を生きている   ばた

小僧さん、いつもコメントありがとうございます。

昼から出かけないといけないので、余裕のない鑑賞になってしまいましたが、
何かの参考になれば。

若輩者、初心者の身でありながら、偉そうに申し訳ありません。

今日は芦屋でワインに呼ばれてきます。
楽しみです♪

===

■じっと観て変わる変わらぬ川の水 

行く川の流れは絶えずして…。

「無常」に繋がるまとめ方をしてしまいそうですが、「変わらぬ」と
言い切った着想が斬新でいいな、と。

 行く川の戻ってこないセピア色

■真夜中は違う顔する遊戯室

「遊戯室」は、真夜中でなくても人間の変化を生じさせる空間なので、
少し弱いかな、と思いました。 よく言われる、「動く句」になって
しまっている気がします。

 本当の気持ち夜中のラブレター

■大切が哀しに変わる 命です (命なり―?)

切ない句です、それをさらりと言い切る「命です」の表現のほうが
僕は好きですね。「命なり」にしてしまうと、逆に余韻が消えてしまう
気がします。

 魂の温度はまんま そのまんま

■真っ直ぐは転がらないぞ玉子だぞ
■雲の土手ふわり転がる茹で玉子 ゆで玉子
■ふらふらと転がる玉子追いかける
■道しるべ玉子転がし着いていく
■取り敢えず玉子一個を割ってみる

「玉子→転がる」「割る」は、句会では同類句が良く出てきそうな気がしますね。、
その中で、「雲の土手」という表現は、柔らかくて好きです。

「卵」ではなく、「玉子」がお題。

この意味の違いを理解したうえで表現しようとすると、ますます発想が制限されて
難しいですね。ちょっと考えてみましたが、なかなか咄嗟には浮かばないです。

■コンビニでふっと手が出る茹で玉子
■茹で玉子ふっと手を出すコンビニで

ただ場所を示すために、最後が助詞が終わるのは余韻に欠ける気がしますので、
避けるべきでしょうか。

んーそれにしても、「玉子」という課題は難しいなぁ…。

 玉の子を抱いて緩んでいく眉間

■大切に思う人あり生きられる

綺麗な句ですね。
幾度も濾過をして、最後に残った澄んだ気持ち。

 大切な人とこの道このいのち

■人は皆 大切秘めてほ~いほい

軽快です、それでいて、真理ですね。
核心を突いていて、それをすっと言い切る小僧さんの句風、僕も学びたい
ところです。

 神様へお願いきっと秘密だよ

■消えていくろうそくの火に大切が
■ひらがなで大切なこと信じてる

そうですね、「大切が」の終わり方は、やや説明っぽい感じがします。
助詞で終わるときは、「余韻があるか」「説明っぽくなっていないか」
という点が、ポイントになってくるのかもしれないですね。

 まだ君を愛しています胸ポッケ

■これ位のぶらぶら感が適度です (を良しとして)

ぶらぶらって課題も難しいですね。
僕は、出来るだけお題を「詠み込まない」で考えるようにしていますが、
特にこういう抽象的な表現の場合は、範囲を広げて考えるようにします。

 身の丈に合わせて道を選る散歩

■川沿いをぶらぶら歩く病む妻と
■橋の上両足並べメダカ見る (美代ちゃんと)
■丸木橋両手ぶらぶら春の風

大切な人に歩幅をあわせて。
しんみり染みてくる句です、いつも、情感のある句、素敵ですね、小僧さん。

 君と見た景色の中を生きている