川柳

【川柳】釣鐘のある当然とハイヒール   ばた

ない時代、強いられた時代、贅沢は敵とされ。

やがて、その象徴たる存在も、徴収され、形を変え、
平和を破る轟音となった。

ほんの数十年前に、

そこに、あるべきものがなかった景色があったのだということを
現代という、少し、ぬるめの風が吹いているあたりに。

響き、ワタ、レ。

===

  【掲載】釣鐘のある当然とハイヒール

    ふあうすと2007年05月号
    全人抄(中川 一選)