川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】アルバムの隙間に潜む秘密たち   ばた

投稿日:

笑顔、ピースサイン、おどけた表情、瞑ってしまった瞼。

写真の一枚一枚の瞬間。そして、その瞬間と瞬間の間にはどんな秘密があった
のだろうかと想像力を働かせてしまう自分は、やらしい人間だろうか。

瞬間までの時間、瞬間のあとの時間。

時間という線の中からちぎり取られた一瞬は、永遠の思い出となる。

…だから勿論、永遠にしたくない瞬間だってあるんだよね。
僕にだってある、そう、破り捨てて灰にしてしまったそんな時間が。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】もう一度風に吹かれてみる四月   ばた

四月の風に、淋しいけど手を振る。 My dear。 でもきっと未来に。握手のような、確かなものを求めて。 ここからスタート、暖かな、長い道のりの。 ===   【掲載】もう一度風に吹かれてみる四月   …

no image

【川柳】有り難い場所に鏡を置いておく   ばた

今日も新しいお仕事のご相談、そして、新しい出会いもありました。 忙しいときに何かを頼まれると、つい(しんどいなぁ)と思ってしまいがち。だから、出来るだけいつも、「有り難いなぁ」という言葉を、ひとりごと …

【川柳】マフラーの長さのようなありがとう  ばた

人は温度、人はありがとう。 ビー玉を集めた一生懸命で、今日も明日も、ボクもアタシも。そして、やがて。 笑い皺、笑い声、君に、あなたに。 当たり前を、道の真ん中において。

no image

【川柳】康孝の孝 父の名と母の詩と   ばた

父から一字貰った名前の僕に、母はピアノを与えてくれた。 脳の何処かなのか、心と呼ばれる何かなのかを、僕は知らない。けれど、表現という泉のようなものは、間違いなくそんな二人から受け継がれ、養われたものに …

no image

【川柳】星の降る今日はいい子にしていよう  ばた

いじめることは   ― 自分の心に棘を植えてしまうこと いじめられて希望を失うことは   ― 鈴の音に耳を塞いでしまう淋しいこと 空の広さと、星の瞬きは、君と彼とを区別はしない。 だから今日は、みんな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)