iPhone/モバイル/PC/NET

iPhoneのカメラで撮影すると暗くなってしまう時に試して欲しい1つのTips

【症状】

iPhoneのカメラで撮影すると暗くなってしまうことがある。

【原因】

屋外などで撮影するとき、明るい場所のフォーカスが合っているため。

【対策】

人間の心理として、つい、フォーカスボタンを明るい部分に持って行ってしまうが、
iPhoneのカメラは露出などを自動的に調整してくれるので、被写体となる景色の
「一番暗い部分にフォーカスボタンを合わせる」と良い。

暗い部分に合わせて全体の露出がコントロールされるので、明るい写真の撮影が
可能になる。