川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

[川柳] 耳たぶに風 幸せの顔をして

投稿日:

 ほんの小さな、ささやかな喜びを憶えていられるほうが、その人生は幸せに違いない。日常のなかに重なるそれらを綴るのに、この川柳という手段があって、今年はどれだけの幸を17文字に閉じ込めることが出来ただろうか。忙しい? 余裕がなかった? だからこそ、であるはずの世界に、ちゃんと向き合えなかったことが心残り▼葉が落ちて、枝だけになった樹木。右の枝は左の枝の都合を知るわけもないのに、均等に伸びた左右。毎日のコツコツは、形ある方向へと収束していくことに気付かされる。来年はどんな365段を積み上げようか▼一年を生きられた、与えられた。そのすべてに感謝して、来年の空の色を想い、祈る。

耳たぶに風 幸せの顔をして

月刊ふあうすと 2013/1月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】明け方の涙を抱いて渦の中   ばた

罪の意識、涙。 終わらない嵐の中で、いつかまた、太陽の下で笑っていられる自分がいるのだろうか。 そんな気持ちに沈み込んでしまって、浮き上がってこられない時もあるものです。 ===   【佳作】明け方の …

【川柳返歌】貴方の水で花になる花になる   ばた

一日中寝てましたが、熱は変わらず。 上がったり下がったりが続くと、さすがに疲れます。今日は外に出なかったので、花粉症もマシでしたけど。 観葉植物をプレゼントしていただきました、青年の木。ありがとうござ …

no image

【川柳】ただ生きて食べて笑ってくれたなら   ばた

約束したね、あなたは僕の。 それでいい、そのままがいい。何もいらない、何も変わらない。 ずっとただ。 約束のままの未来を、僕に、見せていてほしい。 ===   【入選】ただ生きて食べて笑ってくれたなら …

no image

【川柳】目に見えず喜怒哀楽の空の下

放射線は目に見えず、故郷から離れて、懸念と悲しみと。ひとの厚意は、温度を伴って、希望と優しさと▼天災は、見えなかったものたちを見えるようにしてくれた。それで知ったこと、それで泣いたこと、それで感動した …

no image

【川柳】走り出す君を包める風になる   ばた

Youth どんな顔も土にまみれて 拳強く宙を突き刺すシャツの袖は肩に捲り上げて いつか聞いた愛の言葉も 進む道の地図に刻んで走り出した君を風が包んでいる So fly to there 海よりも広い …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)