情報

写真を上手く見せるテクニックと撮影に夢中になりすぎてはいけない理由と

写真をほんの少し上手く見せる50のテクニック – あたし、めりーさん。今、あなたが心の中にいるわ。
http://d.hatena.ne.jp/wonodas/20140510/1399728016 …

撮影の基本的なテクニックとその作例がまとめられていて便利。文章も写真も、表現するときに大切なことは足し算ではなく引き算なのだということを痛感する。空間(行間)は対象のために。

ところで。

12. 困ったときには指を入れる。人肌は情報がふんだんに含まれます。人と分かるものがなにか入るだけでかなり印象は変わります。

この構図を意識するたび、指先の汚さに公開を躊躇する。蔵にある何百枚というそれらしきものたちの残骸。爪を噛む癖の行く末。

絵を描くことのできない自分にとって、想像を付加する写真撮影は大切な表現手段のひとつ。ただし、被写体に夢中になって迷惑をかけることのないよう、「こちら側」にも十分な配慮をしたい。