川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

組織として築き上げていくために。

投稿日:

入社予定のNに課題をメールで指示&電話フォロー。

お客さんのところに出向いて、気持ちよく応対出来る人間力を
養ってほしいと思う。そのために必要な知識、技術は、入社までに
カリキュラムを組んで提供していく予定。

 (上も下もない、小さな会社だ)

そう考えていても、入社してくる人間は、やっぱり「上」を「上」として
捉えようとする。ならば、自分にも自覚は求められる。

適材適所、臨機応変。

自分の中の、ぼんやりとした「得意な感覚」を、研ぎ澄まし、明瞭なものに
していこうと思う、これからの時間。

Google

Google

-業務日記

執筆者:


関連記事

口下手だから営業は出来ないという話が人を傷付ける ~営業マンの物語、営業刑事は眠らない

「口下手だから営業は出来ない」という話を聞かされるたび、嫌な気持ちになる。 営業は口先でやるものだとは思っていない。売るのではなく選ばれるようになることが商売の基本だ。相手の心理と気持ちを想像しつづけ …

no image

うちのメンバーに3人目のお子さんが誕生した

今回も長男、長女に続き、妊娠した時から一文字で考えていました。 3人目は、僕が尊敬する西端康孝社長(@bata)から一文字頂こうと決めていたので、あまり悩むこともなく決定。 康孝の孝をいただき、「孝 …

no image

使い古された言葉をテクニックとして使うことの危惧 ~「好評」という言葉の与える印象

「好評につき若干の追加席販売」と書いて売れ残り感が伝ってしまうくらいなら「いよいよ二次募集開始」と書くかなぁ。この「好評」という言葉も「お得」に似て、使い古された感が否めない気がしますね。 &mdas …

no image

販促屋のためのビジネスか、お客さんのための商売か。ビジネスと商売の違い。

お客さんの広報や販促のお手伝いをしていて、極力、自分のブログやSNSでその付き合いを見せないようにしているのは、お客さんのしていることがお客さんのお客さんのために行っている誠意であり本質であることを感 …

リスクとリターンの関係 ~未来から逆算して今を投資する、2014年回顧

亡くなった父の言葉を思い出すとき、もう触れることのできない犬たちの温度を想うとき、いつだって壊れてしまいそうになる。 喪失の悲しみを知って、もう、これ以上に辛いことはないだろうと思っていた僕を襲ったの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly