川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

組織として築き上げていくために。

投稿日:

入社予定のNに課題をメールで指示&電話フォロー。

お客さんのところに出向いて、気持ちよく応対出来る人間力を
養ってほしいと思う。そのために必要な知識、技術は、入社までに
カリキュラムを組んで提供していく予定。

 (上も下もない、小さな会社だ)

そう考えていても、入社してくる人間は、やっぱり「上」を「上」として
捉えようとする。ならば、自分にも自覚は求められる。

適材適所、臨機応変。

自分の中の、ぼんやりとした「得意な感覚」を、研ぎ澄まし、明瞭なものに
していこうと思う、これからの時間。

Google

Google

-業務日記

執筆者:


関連記事

no image

想像力の重要性を伝え続けていく ~不要なものの断捨離を唱える僕と、魅力ある商品に感動している僕と、どちらに販促の仕事を頼みたくなりますか

販促の仕事をしている僕が「世の中、要らないもの増えすぎなんですよね。断捨離断捨離。余計なものは買わないようにしています」と書く、そしてまた「街を歩けば魅力的な商品がたくさん。つい買ってしまってしまって …

no image

新しい仲間と目指したいところ。 

8月(9月?)入社予定のN君の実地研修。 今日は朝から事務所に来て貰って、簡単な業務の流れと実際の制作について研修に取り組んでもらった。 増え続けている新規の案件について、制作は手一杯の感があった。 …

no image

真面目で一生懸命であることを口にすると印象が悪くなってしまう理由

「真面目に一生懸命にやっているのに、どうしてうまくいかないのでしょうか」と、相談をされることがあります。誠実な人柄、いつも一生懸命。なのに、商売の結果が伴わない。 真面目で一生懸命なのは、人としてとて …

no image

カタカナの肩書きに対する僕の矜持、この人を選んで良かったと思う僕の誇り

投げるだけ投げて、決定を相手に促す。決めることは経営者(事業主・起業家)の仕事で、自分が関わりすぎてはいけない範囲であると認める。 どんなときに、どんな心境で「あの」文章を書いているのかと尋ねられる。 …

no image

商売人はエンターテイナーであるべきか ~経営者の当たり前はお客さんの当たり前ではない

「さすがは経営者同士だと話が早い!よくわかってくれる!」 そう感じることも多いのだけれど、それは味方をしてくれる場所を知っていて、自分を正当化するために持ちかけているのかもしれない。経営者にとっての当 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly