川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

組織として築き上げていくために。

投稿日:

入社予定のNに課題をメールで指示&電話フォロー。

お客さんのところに出向いて、気持ちよく応対出来る人間力を
養ってほしいと思う。そのために必要な知識、技術は、入社までに
カリキュラムを組んで提供していく予定。

 (上も下もない、小さな会社だ)

そう考えていても、入社してくる人間は、やっぱり「上」を「上」として
捉えようとする。ならば、自分にも自覚は求められる。

適材適所、臨機応変。

自分の中の、ぼんやりとした「得意な感覚」を、研ぎ澄まし、明瞭なものに
していこうと思う、これからの時間。

Google

Google

-業務日記

執筆者:


関連記事

no image

見えないものを売る人は、納得や共感を呼ぶための感動を最初に魅せる必要があるのかもしれない

「走るはランナーだし、歌う人はシンガーだ。でもねどう思う?あれじゃただの『ティーチャー』だよ」 Aさんが憤っている。確かに僕たちはランナーに日々の鍛練を想像するし、シンガーには美しい歌声を期待する。A …

no image

神戸で一番お客様主義でありたい制作会社とは。

朝から名谷のMさん宅へ原稿を受け取りに行く。 会社に戻って入力開始。事実上の仕事始めなので、取引先の方が次々と挨拶にいらっしゃった。 どうぞ今年も宜しくお願いします・・・。 どなたがお越しになるのかわ …

自分のやっている仕事の価値や必要性に客観性を持つことは難しい

 およそ5年半に及ぶ「平成の大修理」を終えた世界文化遺産・国宝姫路城(姫路市)で26日午前、完成記念式典が開かれた。関係者ら約千人が出席したほか、城内や周辺に市民や観光客ら約6万人が詰め掛けた。白鷺に …

no image

表現にこだわって、姿勢を改め意識する。

「下請け」や「業者」という言葉を使わないようにしています。 下に見られるのも、下に見るのも嫌。仕事は、いつも対等でありたい。 そこで、あえて「取引先」というような言い方をして、それを自分に言い聞かせて …

no image

神戸で一番さん付けをされる会社になれば、ブランディングは成功したと言えるのだろうか

前川企画印刷のことを、「神戸で一番さん付けをされる会社」だと僕は書いて、その理由を問われる会話の流れに持ち込もうとする。答え方はいつも決まってる。「実際に前川企画印刷で検索してみてください」 流行りの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly