川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

淋しいニュースだよ、いつも母校の風にいて。

投稿日:

コンサートは、やっぱり最高だった。
自分の物差しを持って生きていたいと思う。

万人に理解される考えなど、存在しない。自分は自分であれ。

コンサートが終わって、母校の悪いニュースが飛び込んでくる。

電話やメールで、続々対応。
うちの学校の象徴みたいなものだったから…。

個人的にはショック。 役員の立場としては、今後の活動への
影響などを考える必要がある。

仕事は順調。

新しいお客様との出会いについて、「誰かが」対応したとしても
その後ろに「チームの存在」があることを、どうやって表現するか。
そして、安心していただくか。

メールの語尾一つにまでこだわって、「相手はどう読むか、どう
捉えるか」ということを語る。

言葉へのこだわりは、関西の、どこの制作会社にも負けない自信がある。

【お客様のお客様の目線でモノを考えること】
【相手の自尊心を傷付けない表現を心がけること】

企画・営業の立場として指導にあたるとき、根底にあるのはいつもこの2つ。

細かいセールステクニックは言いあげればキリがないけれど、覚えて
欲しいのは、数字を求めるだけのテクニックではない。
数字はあとからついてくればいい、まず最初に、どうすれば相手に喜んで
いただけるか、それを考えるべし。

笑顔を見るのに、計算機なんて必要ないんだってば。

コンサート会場では、同友会のメンバーにお会いした。

他所の経営者の方が、同じ場所で息抜きをされているという感覚が嬉しかった。
「俺の人生」というタイトルの経営体験報告をお見かけしたときから、
多分、そうなのではないかな、と思っていたけれど。

今日、得た、このエネルギーを、明日からのがんばりに、また。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

水は聞こえた、風は見えた ― 兵庫県三木市の癒しの画廊喫茶とらうべん

株式会社ダハイムさんに打ち合わせでお邪魔してきました。 打ち合わせの内容は、まぁちょっと面白い雑誌を作りましょうか、ということになっていて、 (リアルに)声の聞こえる誌面を予定してたりする・・・わけで …

no image

交通事故で水槽の夢、ふくらむ。

9月の事故(ムチウチ)の件で、保険会社から電話。 都合9日間の通院で、一日あたり8000円強の慰謝料。合計、7万円以上の金額を振り込んで貰えることになった。 通常は4000円/day程度らしいが、通院 …

no image

サラリーマンをやってても。

死ぬまでの生涯賃金が計算出来る。 子供の頃に聞いたこの言葉が印象的で。みんなと同じじゃダメなんだなと思いました。 連休明けから、気分一新。 居場所を作るという言葉を、この下半期以降の自分自身の目標とし …

さりとて僕は夕焼けの具材。

鳥たちも帰る西の空。 今日もいくつかの作り笑いと苦笑い。息を吐いて、首を振って、心に色を取り戻してやる。 やれやれとした夕焼けの顔は、もうすぐ温もりの灯へ繋ぐ。 太陽は何も語らない。ただそこで、ずっと …

隠れ家。

落ち着いた店の雰囲気とは対照的に、騒がしいおっちゃんは誰だ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly