川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

305号室、心筋梗塞。

投稿日:

神戸大学@六甲山での打ち合わせ。

下界とは、まるで異なる寒さに震えまくり。
見下ろす景色は最高だった。

これからも、いいお付き合いを切に。
ありがとうございました。

# 周囲に気配りをされながら上手に場を仕切る雰囲気はさすがでした。

父親が入院したというメールが届き、夜、見舞い。

心筋梗塞、明日、精密検査。
家族の入院というイベントは、幼い頃から慣れっこになっている。
とはいえ、それで何も心配しないでいいというわけではない。

弱っていく父親の姿は、見るたびに心が痛む。

ひとは、親から生まれてきて、その親に認められ、褒められることで、
自我を認識し、成長していく。

「ある時まで」という有限のものではなく、子は、いつだってそんな
称賛のシャワーを浴びることで、喜びを行動のエネルギーへと転換するのだ。

僕はまだまだ、誰かの役に立ちながら上手に商売を続けていくことで、
父親を越えたいし、父親に認められたい。

だから、元気でいてもらわなければ、困る。

たったそれだけのこと。
だから、当たり前のようにそうであってくれ、と、ココロから祈っている。

父からは商売の、母からは言葉の。

それを貰って生まれてきたのだと思っている。
だから、誰にも負けたくないし、自信を持つことにしている。

感謝の気持ちをぶつけられる、そんな両親で良かった。

父へ、母へ。

元気という当たり前を。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

にしわき経度緯度地球科学館。

のんびり物思い。

no image

近寄りがたいおっさんとして

今日は高砂で @tanebon @donpy とサムギョプサル。美味しい。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年2月23日 「香る」と「薫る」の使い分けについては、い …

露天風呂つきー。

食わねば。

no image

何かが離れそうなときに捨てた執着、次に待っていてくれた活字の数々

むかし、魚の嫌いだった僕も、いつかお酒を美味しいと思うようになってからは好んで食べるようになった。 必要なことは必要なタイミングで来るようになっているんだろうと思う。ただ、必要なものは、たとえば隣の席 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly