川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

まだ背中に追いついてないねん。

投稿日:

救急車でポートアイランドの市民病院に移送された父の見舞い。

心不全、痰を出そうとして咳をするのだが、それを上手に切ることが
できなくて苦労している。

その都度、モニターに映し出された数値が激しく動くのが見てとれる。

すっかり身体が弱くなってしまっている。
死ぬのではないかと思った、不安になった。

心穏かに、ゆっくりと静養に努めてほしい。

仕事。

楽をして、自分たちの何かが良くなることは有り得ない。

新しいお客様と出会えるたび、お仕事を頂戴できるたびに、
有難いなぁ、嬉しいなぁ、と、声を出すことにしている。

そうやって、自分たちが「積み上げている」「成長している」実感を
大切にしていきたい。

有難いこと。 いつも、仕事で感動させられている。

なぁ親父、親父の背中に教えて貰った通りにやってるぞ。

親父も、弱気になるなよな。 がんばってくれよ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

こだまの森。

迷子の果てに。

生きていた証、今はいないという空虚感。

32歳ガン漂流エヴォリューション/奥山貴宏 blogを一通り読んで、本を読んでみたくなりました。文字を通じて生前の作者に対峙しています。どれだけ生きたかったことだろう? 彼の見た景色は今も変わらないま …

no image

いつもの朝を待っています。

血圧87-42、発熱。暑いねと声をかける。いつだって優しいひろ兄ちゃんは声を絞り出して答えてくれる 「飯は食べたのか?」 夜は長い。ちゃんと朝が来てほしい。

no image

台風の雨と風の中でぐっすりぐっすり見た夢は。

淡路人形浄瑠璃資料館に行って来ました。 とはいえ、今飲んでいる薬の副作用で、眠くて眠くて…。始まるや否や爆睡。 併設されている大鳴門橋記念館の紹介映画もひたすら寝てました。 高い高速料金かけて、昼寝を …

no image

震災の映像のどこかで、父は、ひととして在り続ける。

あの「阪神・淡路大震災」で本当は一体何が起きていたのか、その真実がよくわかるムービー集 – GIGAZINE 毎年、一番の泣き虫になってしまう日がやってきた。 今年は上のサイトの映像を眺め …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly