川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

突然の訃報、空っぽの風が吹き抜けて。

投稿日:

朝一番でこぶたさんの訃報。

40歳、若すぎる旅立ち。
ほんとに心の優しい素敵な方だった。

肺がんという重い病気を患いながらも、決して、後ろ向きにはならず、同じ境遇の
人たちに、「がんばれ」とエールを、「がんばったね」と笑顔を向けてこられた。

相手の気持ちを自分の重さにして、一緒に痛み、泣き、笑う。
自分にはとても真似することの出来ない、スケールの大きな器を持った方だった。

「自分に似てる人だなぁと思います、ばたさんのこと。わたしも、同じように
 悩んだことがありました。 幸せなときに、素直にそれを口に出来るように、
 苦しいときは、同じように、苦しいって言えばいいんですよ。
 そしたら、きっと、何かが変わると思います。」

こんなメールをいただいたことがあった。

救われた、癒された。

自然とその時、執着することから逃れられて、楽になったことを覚えている。
悩みを聞いてもらって、助けてもらった。

そのことを、何度も、何度も、朝から思い返す。

たまらなく、淋しくて、苦しくなった。
もっと、いろんな話がしたかったなぁと思う。

闘病から解放された、いまは自由な空で。

ゆっくりと休んでいてほしい。
そしてまた、春風のように優しく、助けてもらいたいなぁと思う。

ばたばたと、きっと忙しいだろう最中に。

わざわざメールをいただいた、ご主人のなかじーさんに感謝。
そして、明日、改めてお悔やみを伝えに、通夜式に参加させてもらいます。

いままでの付き添い、病気との闘い、おつかれさまでした。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

相手が求めているのは共感だろうか、答えだろうか、いつもリアクションは同じではないだろうか

悩みごとの多くは「共感」してあげられるけど、「解決」に近付くきっかけになろうと思うと、他責ではなく、自責の話になっちゃうんだな。共感だけを求められていて自責の話をすると、反論が返ってきてしまう。だから …

no image

自分の中に落ちていました。 

働けるだけでも有り難いといっていた人が、そのうち、有り難いの気持ちを忘れ始める。慣れるとはそういうこと。 ただ、応援していた立場としては、それは聞かせて欲しくはなかったなぁ。 誰かのせいや、環境のせい …

グリーンピア三木。

自然満喫中。

松山千春コンサート終了。

最後に大好きな曲。号泣号泣!! 癒されました。千春最高!

no image

二極化の未来 ~色鉛筆の数だけ事実はある

今日は人の上明日は我が身の上。過度に叩かれている会社やお店のことは応援したくなる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年1月8日 スマホに指を滑らせれば、僕たちはいと …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly