川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

突然の訃報、空っぽの風が吹き抜けて。

投稿日:

朝一番でこぶたさんの訃報。

40歳、若すぎる旅立ち。
ほんとに心の優しい素敵な方だった。

肺がんという重い病気を患いながらも、決して、後ろ向きにはならず、同じ境遇の
人たちに、「がんばれ」とエールを、「がんばったね」と笑顔を向けてこられた。

相手の気持ちを自分の重さにして、一緒に痛み、泣き、笑う。
自分にはとても真似することの出来ない、スケールの大きな器を持った方だった。

「自分に似てる人だなぁと思います、ばたさんのこと。わたしも、同じように
 悩んだことがありました。 幸せなときに、素直にそれを口に出来るように、
 苦しいときは、同じように、苦しいって言えばいいんですよ。
 そしたら、きっと、何かが変わると思います。」

こんなメールをいただいたことがあった。

救われた、癒された。

自然とその時、執着することから逃れられて、楽になったことを覚えている。
悩みを聞いてもらって、助けてもらった。

そのことを、何度も、何度も、朝から思い返す。

たまらなく、淋しくて、苦しくなった。
もっと、いろんな話がしたかったなぁと思う。

闘病から解放された、いまは自由な空で。

ゆっくりと休んでいてほしい。
そしてまた、春風のように優しく、助けてもらいたいなぁと思う。

ばたばたと、きっと忙しいだろう最中に。

わざわざメールをいただいた、ご主人のなかじーさんに感謝。
そして、明日、改めてお悔やみを伝えに、通夜式に参加させてもらいます。

いままでの付き添い、病気との闘い、おつかれさまでした。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

北海道土産。

わざわざ送ってきてくれました。ありがとう。 心優しい友からの、心温まるプレゼント。

no image

震災の神戸の街にあった、勇気 ― 仰木彬監督。

オリックスの仰木彬元監督が亡くなった。 プロ野球ファンとして、関西をこよなく愛する人間として、そして何よりもあの阪神大震災から立ち直るための勇気を貰った人間の一人として、これほど悲しい別れはない。 僕 …

小野市こだまの森公園。

グラウンドゴルフをやりにきました。

夕焼け天文科学館 ― 明石の秋と、思い出と。

どんなお客様にでも平等に接したい、と思うとき。ケータイの存在って、便利なようで、もしかして不公平なのではないかと思うことがある。 だって、そうだ。 こちらの事情を考えて、用事をメールやFAXで伝えて下 …

no image

自分の中に落ちていました。 

働けるだけでも有り難いといっていた人が、そのうち、有り難いの気持ちを忘れ始める。慣れるとはそういうこと。 ただ、応援していた立場としては、それは聞かせて欲しくはなかったなぁ。 誰かのせいや、環境のせい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly