川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】それぞれの秘密を消していく火葬   ばた

投稿日:

それを罪悪と呼ぶ人もありましょうが。

それを守り通せたことに、少しばかり敬意を表して。
良かったね、だとか、今度こそはね、だとか。

悪戯な想い。

僕は、知っていて、そっと、煙突の空を見上げているのです。

===

  【掲載】それぞれの秘密を消していく火葬

    ふあうすと2007年12月号
    全人抄(谷口 幹男選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】明日咲かすつぼみを胸に一段目   ばた

一段上ってみること。 ほんの、その高さから見る景色も、少し異なって、新鮮、勇気。希望は能動の先に生じて、未来を見据える。 胸のつぼみは、明日咲く。 今は、勇気を持て、風を待て。 ===   【入選】明 …

no image

【川柳】秋の海 名前を呼んでいるひとり   ばた

 (引用― 裏表紙に載せた、自分のことばから)  これを書いているちょうど今、年鑑の制作業務が完了。皆さんのお手元に届く瞬間をイメージしつつ、これから印刷と製本作業へ▼自分自身も川柳を趣味とするように …

no image

【川柳】決意には太平洋が良く似合う   ばた

ひとりぼっちの日本海。あの頃や、あの場所を思い出しながら。 しんみり、しんみり。 ひとりきりの太平洋。この先や、この想いを抱きながら。 しっかり、しっかり。 海に生まれた人間は、海に還って。 波を連れ …

no image

【川柳】有り難い場所に鏡を置いておく   ばた

今日も新しいお仕事のご相談、そして、新しい出会いもありました。 忙しいときに何かを頼まれると、つい(しんどいなぁ)と思ってしまいがち。だから、出来るだけいつも、「有り難いなぁ」という言葉を、ひとりごと …

no image

【川柳】平成の兵隊たちがするピアス   ばた

戦争は、過去の。 平和は、当たり前の。 兵隊たちは、飾りながら、過ごしていた。 そうなるだろうとは、知らず、生きていた。 昭和の、次の。 そんな時代の、お話だった。 ===   【掲載】平成の兵隊たち …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly