川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】それぞれの秘密を消していく火葬   ばた

投稿日:

それを罪悪と呼ぶ人もありましょうが。

それを守り通せたことに、少しばかり敬意を表して。
良かったね、だとか、今度こそはね、だとか。

悪戯な想い。

僕は、知っていて、そっと、煙突の空を見上げているのです。

===

  【掲載】それぞれの秘密を消していく火葬

    ふあうすと2007年12月号
    全人抄(谷口 幹男選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】ポケットに風を吹かせて恋心   ばた

得意な気持ちで、ポケットに手を入れて。弾むような毎日。 新しい風が吹き込み続けて、音符のような足取りの。 そんな恋を、したことがありますか。 ===   【佳作】ポケットに風を吹かせて恋心     月 …

no image

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。 12月にお会いしたときは、癌が全身に転移しているとは思えないくらいの食欲と笑顔で、僕たちを和ませてくれたのに、年が明けてから病状は一転。「今度は飲みに …

no image

【川柳】年金の夢を見ている青畳   ばた

掲載:月刊川柳マガジン12月号 あすとろ柳壇(雑詠) 今月も選んでいただきました。自分の句が活字になるというのは嬉しいものですね。 選ばれるために書くわけではありませんが、励みになります。 2005年 …

no image

【川柳】演出が好き 家族って似るんだね / 君は死に僕の絵の具になりました

16年寄り添ってくれた愛犬が逝く。父は桜の舞う中を、愛犬はサクランボの薄紅で出来た絨毯の上を旅立っていった。サンタの演出が好きだった父に似て、我が家のアイドル犬もきっと時季を選んだに違いない。似ている …

no image

【川柳】節穴でいい身の丈の幸でいい   ばた

もったいない、もったいない。 きっと、誰もが羨むような何かが次々と。毎日、通り過ぎていくのでしょう。 でも、あいにく。 わたしの目は、節穴で。 今日も、焦らず、のんびりと。 天気がいいねの挨拶で始まる …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly