川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】鬼はもう笑わぬ 春の一歩二歩   ばた

投稿日:

 おかしなことだらけだった「変」な年はもう背中、今年は希望に満ちた「変」化の一年で
あることを祈りたい▼アメリカの新リーダーの力強い言葉に、たくさんの人々が魅了された。
言葉に震え、言葉の先の未来に夢を抱く。川柳という短詩文芸もまた、そんな可能性をもった
表現手段の一つであると確信している。人間の奥底にある想いを伝える17文字。この活字の
一つ一つが映しだす世界を、しっかりと噛みしめて仕事に取り組んでいく▼粉雪の舞う中を、
蕾は確実に。有り難く、尊い時間に生きていることを思い知らされた。その足音に耳を澄ま
すことの自分でありたい。

(ふあうすと2009年2月号、裏表紙に掲載した文章より)

===

  【掲載】鬼はもう笑わぬ 春の一歩二歩

    ふあうすと2009年2月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:

関連記事

no image

サラリーマン川柳ならぬ、社長川柳とは。

同友会のSNSで、経営者の立場から【会社川柳】を書いてみることにした。いろんな試みに、自分の「表現」という手段で挑戦してみるのも面白い、かも。 手始めに、こんな。 決算の近い社長の温度計  数字を意識 …

no image

【川柳】向日葵が背中を曲げて茜雲   ばた

もたれかかるような、くたびれたような。 そんな表情を見せるこの時期の向日葵の向こう側に、赤が広がる。 包み来るようなその優しさに、もうすぐ一年の3分の2が終わろうとしていることに気付かされる。 小さな …

no image

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

ふっきれたのか。涙を流すための、「生」をいただいているのか。 肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。 ===   【佳作】別離から三日 玉子を割っている     月刊川柳マガジン2007年11月号 …

no image

[川柳] 耳たぶに風 幸せの顔をして

 ほんの小さな、ささやかな喜びを憶えていられるほうが、その人生は幸せに違いない。日常のなかに重なるそれらを綴るのに、この川柳という手段があって、今年はどれだけの幸を17文字に閉じ込めることが出来ただろ …

no image

【川柳】病床のクシャミを聞いているメロン   ばた

お見舞いの帰り道。 本人を目の前にしては言えないようなことを口にして。ただ、ただ、噂をされる本人のクシャミは止まりません。 メロンは、ただその音をじっと聞いています。 ===   【佳作】病床のクシャ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)