川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】コスモスもウロコも母のふところも

投稿日:

 秋桜の揺れる海、鱗雲の泳ぐ空。年末という慌ただしさを迎える前の、ほんのひととき、心を休ませてくれる情景。誰が近づいても、誰が見上げても平等に、もう、季節がここまで進んだことを優しく教えてくれる▼拙ブログに「雨は虹の卵だね」と書いたことに反響があった。雨という目先に憂いを覚えるのも、雨の次を期待するのも、心の構え方ひとつ。万事塞翁が馬、締めくくりに明るい色の来るような、そんなラストスパートを意識していきたい▼twitterやFacebookに、夕暮れの写真が並んだ。皆が同じ空を見上げているのだと、とても嬉しくなった。

コスモスもウロコも母のふところも

月刊ふあうすと 2012/11月号
裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】帰り道逃がしてあげた夏休み   ばた

空へ、川へ、土へ、戻っていく命たち。今日の景色をありがとう。 絵日記に書いた、麦わら帽子のいちにち。 お母さんと。 ===   【掲載】帰り道逃がしてあげた夏休み     ふあうすと2007年08月号 …

no image

【川柳】ひらがなで大人を伝えられますか   ばた

嘘をなく一日を過ごせた大人には、花丸をあげましょう。 そうして、やさしいことばで、子に語りかけてあげてください。あなたのみたこと、きいたこと、かんじたこと。 どうか、この世の中の。 少し疲れ始めた景色 …

no image

【川柳】もう君を楽にしたくて毒リンゴ   ばた

君の涙が切なくて、僕の胸が苦しくて。 そして、だから、毒リンゴ。君に食べさせるのでも、僕が食べるのでも。 それが、唯一の答えであるのならば ―。 ===   【佳作】もう君を楽にしたくて毒リンゴ    …

no image

【川柳】鯉泳ぐ 風の向きなど気にせずに

新緑が目に染みて、気の満ちた空。それが追い風か逆風なのか気にせぬまま、鯉は上手に身体を翻らせて空を泳ぐ。立ち位置次第で冷たくも温かくもなる風、時々は休んでみたりもして▼子どもの頃、土曜日の放課後は無限 …

no image

【川柳】川柳の文字の向こうに人がいる   ばた

今の会社に移ってから、川柳を書いてみるようになった。 ある月刊川柳誌の編集・印刷を請け負っていて、毎月、何百・何千という数の川柳を入力し、編集する。これはもう完全に肉体労働と言えるもので、指の筋を痛め …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)