iPhone/モバイル/PC/NET PR

iPhone5でWifiが遅くなってしまった場合に見直したいルータの設定(URoad-SS10の場合)

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

iPhone5になってから、URoad-SS10(wimaxルーター)との接続の調子が悪くなってしまいました。

iPhoneからルーターには繋がるのですが、その後、ネットからデータがなかなか落ちてこない不具合。ネットで検索してみると、他にも同じ症状が出ている模様。

■まず試してみた。

iPhone5でWiFiが繋がりにくくなった人!僕はネットワーク設定のリセットで直りました!

こちらの記事を参考にして、iPhone内のネットワーク設定をリセットしてみました。
日本語の変換のトラブルなど、iPhoneの不具合は、設定をリセットすることで解消されることも多いのですが、自分の場合は、残念ながらこの方法では解決には至りませんでした。

■次に試してみた方法(←解決に至った方法

それでは、今回の解決した方法をご紹介します。
ルーターのネットワークモードをb/g/n混合ではなく、b固定にする。

手順としては下記の通りです。

▼まず、ルーターの設定画面を呼び出します。
URoad-SS10の場合は、Safariから192.168.100.254と入力してください。
IDとパスワードはどちらも「admin」で(変更していない場合)

▼[ワイヤレス設定]から、ネットワークモードのところで、11bのみを選択して、[適用]を押します。

その後、ルーターが再起動され、繋がるようになります。

ちなみにこの状況、他のURoad-SS10で試してみても、同じ現象が確認できましたので、iOS6、またはiPhone5自体の問題である可能性が高いように思います。

IEEE802.11bという規格は、他のBluetooth機器と混信する・通信速度が最新の規格と比較して遅いなどのデメリットもありますが、標準の設定のままでは、とにかくネットが遅くなってしまい使い物になりません。おそらく、今後のiOSのバージョンアップなどで修正されてくるかと思いますが、それまではこの方法を試してみると良いかと思います。