読書

笑とる仏 [写真・著/岩谷薫] ~ 加古川や姫路、播磨地区にお住まいの方にオススメの一冊

丁寧な取材をして編み上げられた一冊の本に出逢って、同じ地を訪れたくなることを至福と云おうか。

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]価格:2,415円(税込、送料込)

播磨の石棺仏を中心に、その写真はもちろん、云われなどが紹介されている。
石棺仏とは、古墳時代の石棺石材を利用して彫られた石仏のこと。鎌倉時代や室町時代の人々が祈りを込めて造ったもので、そのほぼすべてが播磨地方周辺に密集しているという。巻末にまとめられた地図を頼りに、優しい笑みを浮かべる石仏たちに逢いに行きたくなった。

特別な信仰があるわけではない。そこにあるものは「物質」かもしれず「存在」かもしれない。ただ、その前に居て、想いを念じた人たちの意識を感じるとき、ひとはちいさくも、大きなひとつひとつとして、その時代を構成してきたことがわかる。

日々の営みの中に祈りと願いがあるのは、いつの時代も。
毎日は、想いに満ちている。

笑とる仏 [ 岩谷薫 ]
加古川や姫路在住の方、また、撮影することや優しい言葉の好きな方に特にオススメ。