川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】傘を振る信号待ちの4番打者   ばた

投稿日:

雨に降られるのは鬱陶しい。
だが、雨に用心して、持って出た傘が役に立たなかった一日はもっと腹立たしい。

朝、出がけの判断ミス。

余分な荷物は、まるで傘以上の重さで腕に重く、
恨めしい太陽は、必要以上に僕を照らし、じりじりと焦がす。

うっとうしいーーーー!!!!!

周囲に誰もいないことを確認して、赤信号のピッチャーズマウンドを睨む。
4番打者の僕は、エースの投げる剛速球を軽やかに打ち返す。

しゅんっと、宙を切る音。 打球は勿論、誰にも見えない速度でスタンドへ運ばれる。

少し満足気な顔をして、僕は日常へと舞い戻る。

ほんとに誰も見ていなかっただろうな? と、もう一度だけ周囲を見回して。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】北風の壁になれない微力たち

東北に吹く風の冷たさを想う、何も出来ない無力を憂う、何かしたがる心が集う、気持ちは温度になって現れるのだと願う。 出来ることを問われ続けた時間だった。出来ることを考え続けなければいけないこれからになっ …

no image

【川柳】転移した場所を静かに撫でていた   ばた

なぜ? を声に出すこともなく。静かに、祈りを込めて。 手のひらの「どうか」。 ココロからの「どうか」。 ===   【掲載】転移した場所を静かに撫でていた     ふあうすと2008年1月号    全 …

no image

【川柳】明日咲かすつぼみを胸に一段目   ばた

一段上ってみること。 ほんの、その高さから見る景色も、少し異なって、新鮮、勇気。希望は能動の先に生じて、未来を見据える。 胸のつぼみは、明日咲く。 今は、勇気を持て、風を待て。 ===   【入選】明 …

no image

【川柳】花よ花忘れさせてはくれないか   ばた

絵の具にないその色の、優しさの。包まれて、誘われて。 ひとときでもいい。 どうか、この疲れから、悲しみから。僕を解き放ってはくれないだろうか。 花よ花、花よ花。 ===   【入選】花よ花忘れさせては …

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

康孝の孝 父の名と母の詩と こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。 大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。でも、今までに自分が2000句以上もの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)