川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】川柳の文字の向こうに人がいる   ばた

投稿日:

今の会社に移ってから、川柳を書いてみるようになった。

ある月刊川柳誌の編集・印刷を請け負っていて、毎月、何百・何千という数の川柳を
入力し、編集する。これはもう完全に肉体労働と言えるもので、指の筋を痛め、肩こりに
悩み、腰痛までも抱えてしまう、なかなかに大変な作業なのだ。

しかし、たった17文字の世界の奥ははてしなく深い。

そこにある、気温や天気、風の有無、音、匂い だとか
そこにいる、表情や会話、着ている服 さえも

「瞬間」が、永遠の時間として、17文字には込められている。

そう、つまり、写真のように切り取られた時間がそこには存在するのだ。 

川柳を始めたきっかけ、それは決まりが少ない自由な雰囲気に魅了されたこと。

もともと、言葉を書くことが好きな自分にとっても、新しい世界との出逢いであり、
なんとも言えない心地よさと刺激がある。

「うまい」だとか「へた」だとかはともかく。

僕の17文字の世界に、もしかしたら共感してくれる人がどこかにいるのかもしれない。

そんな出逢いのきっかけになれば、と、思いつくままに「川柳」のカテゴリを
追加してみることにした。

御笑覧いただければ幸いである。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】タッパーの音 故郷は秋祭り   ばた

そこに置いてきたものがあります。 そこに飛ばしているものがあります。そこから飛んでくるものがあります。 僕は その線の温もりを 時々は思い出して 嬉しいような、罪悪感のような複雑な気持ちを抱きながら …

no image

【川柳】雲のない空だ占い信じない   ばた

今月も川柳マガジンで選んでいただきました。 川柳って、面白いなぁと思うんですが、どうしてもそれを趣味とされている方の大半がご高齢になるので、難解な語句や抽象的な表現から意味を読み取らねばならないことが …

no image

【川柳】凧上げをおとぎ話にしない青   ばた

大台、十の位が変わって。 次の世代に何を残そうか、なんて、大人を気取ってみる。 実は案外、「青い海」を見たことのない僕らだ。果たして、空の青さはいつかの思い出話になってはしまわないか。 この青の、風の …

no image

【川柳】子の憂い聞いてやるのも聞かぬのも   ばた

何も聞かずにそっとしていてくれた。 夜明けまで、ずっと聞いていてくれた。 一生懸命だった、想いの数々を。いつも、包んでいてくれましたね。 ありがとう、絶妙なまでの、温もりと、その。 ===   【掲載 …

no image

【川柳】北風の壁になれない微力たち

東北に吹く風の冷たさを想う、何も出来ない無力を憂う、何かしたがる心が集う、気持ちは温度になって現れるのだと願う。 出来ることを問われ続けた時間だった。出来ることを考え続けなければいけないこれからになっ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)