川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】もう誰も怒ってくれぬ夕茜   ばた

投稿日:

叱ってくれる人を大切にしたい。
叱られて反省のできる、器を持ちたい。

夕焼け小焼け、発展途上。

こころ、からっぽの場所、

身にしみて、照らされて。
ありがたくて、ひとりじゃなくて。

===

  【掲載】もう誰も怒ってくれぬ夕茜

    ふあうすと2008年2月号
    全人抄(赤井 花城選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】冷めていく紅茶 自白の時がきた   ばた

形式的なティーカップ、汗、動悸、鼓動、焦燥。 責められることを予感した、沈黙。 口を開けば、ストーリーの始まる。 じりじりと、焦げていく心。 僕はもうすぐ、全てを晒される、そんな場所にいる。 === …

no image

【川柳】傷のあるこんな僕でもいいですか    ばた

許されたくて、一生懸命でした。受け入れられたくて、真っ白でした。永続させたくて、全部吐き出しました。 そうやって、また。 星の歴史のような、長い伝説になっていきませんか。 ===   【佳作】傷のある …

no image

【川柳】整頓の過ぎて発覚するドラマ   ばた

前略 中略 後略。 いやな汗だねぇ、男ってやつは。 ===   【佳作】整頓の過ぎて発覚するドラマ     月刊川柳マガジン2007年10月号     川柳道(「部屋」雫石 隆子選)

no image

【川柳】頑張れと言わず自らやる姿勢   ばた

小さい会社なので、上も下も、右も左も、何もない。 ただ、それぞれが「頑張れ」と口にするよりも先に行動を起こすこと。その行動に触発されて、次の誰かの、手が、足が、頭がすっと動き出すような。 そんな好循環 …

no image

【川柳】リヤカーを引いているのは母 つまり   ばた

導かれて、今日。 さて、何をしてあげようか。はて、何ができるのだろうか。 これまでの、僕らと。 これからも、僕らの。 道は、母が、踏み固めてくれていた。 ===   【掲載】リヤカーを引いているのは母 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly