川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】もう誰も怒ってくれぬ夕茜   ばた

投稿日:

叱ってくれる人を大切にしたい。
叱られて反省のできる、器を持ちたい。

夕焼け小焼け、発展途上。

こころ、からっぽの場所、

身にしみて、照らされて。
ありがたくて、ひとりじゃなくて。

===

  【掲載】もう誰も怒ってくれぬ夕茜

    ふあうすと2008年2月号
    全人抄(赤井 花城選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】国境の濡れ雑巾が追いつかぬ   ばた

繰り返してばかりの、争いの炎に。 飽き飽きしていて、それは、天気予報と変わらないくらい、見慣れたニュースの一部だった。 きっと、誰かが始めたんだろう。きっと、そのうち終わるんだろう。 そんな程度の認識 …

no image

【川柳】半分にしたアンパンと秘密基地   ばた

語った夢の無限大。見上げた空の、どこまでも。 大きくちぎれた方をもらった。 君とした話の、全て、そのままが、どうか今でも約束でありますようにって。 砂を踏みながら思い出すこと。青を見つめながら願いたい …

no image

【川柳】コロッケを語る印刷屋のあした  ばた

会社に着くまでの間に、メールや電話で仕事が決まっていくことがある。夜に蓄えたエネルギーを一気に放つかのような相手の勢いに、こちらも即決即答で対応するようにしている。朝に仕事が動き始めると、リズムが生ま …

no image

【川柳】逆上がり子供は風にキスをする   ばた

放課後は無限大だった。 どんな夢だって、誰も笑わない。階段をのぼっては、必ず見えてくる景色があるのだと、信じて疑わない。 得意になるまで、全てを成し遂げるまで。 ご褒美の風は、いつも、優しくタイミング …

no image

【川柳】いつだって芝生が夢を聞いていた   ばた

サッカー日本代表中田英寿選手が引退を表明されました。 同じ学年の人間が第一線を退くというのは、少し寂しい感じもしますが、これからの人生を応援し、また、良い影響を与え続けてほしいと思います。 ブラジル戦 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly