川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】もう誰も怒ってくれぬ夕茜   ばた

投稿日:

叱ってくれる人を大切にしたい。
叱られて反省のできる、器を持ちたい。

夕焼け小焼け、発展途上。

こころ、からっぽの場所、

身にしみて、照らされて。
ありがたくて、ひとりじゃなくて。

===

  【掲載】もう誰も怒ってくれぬ夕茜

    ふあうすと2008年2月号
    全人抄(赤井 花城選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】死ぬ前に声に出したい恋 ですか   ばた

繋いでる。 あれが、始まり。今日からの、ずっと。 土曜日の放課後が待ち遠しかった、少年のこころは。 次の、小さな約束を、生きている。 — 【川柳】死ぬ前に声に出したい恋 ですか ふあうすと …

no image

【川柳】エラ呼吸してます噂消えるまで   ばた

ほんの75日、嵐の過ぎるまで。 目立たぬように、身を屈めて。気付かれぬように、息を潜めて。 やがて、そっと、僕は解き放たれる。 ===   【佳作】エラ呼吸してます噂消えるまで     月刊川柳マガジ …

no image

【川柳】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだよ」   ばた

そして、僕は。 もう少し、高いところにハードルを意識して、なんだか無性に、頑張ってみようと思うのであった。 それがいつか、確信に変わるときまで。 ===   【掲載】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだ …

no image

【川柳】別離から三日 玉子を割っている   ばた

ふっきれたのか。涙を流すための、「生」をいただいているのか。 肩を落とす淋しさも、生きているからこそで。 ===   【佳作】別離から三日 玉子を割っている     月刊川柳マガジン2007年11月号 …

no image

【川柳】そしてまたひとを許して神様は   ばた

今度こそはっ 神様の呟き、神様のため息。 曇天である理由はそんなところなのかもしれない。 空を越えていく放物線は 虹であるはずが誰かを傷付けるための ミサイルの匂いを残していて。 ===   【掲載】 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly