川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】もう誰も怒ってくれぬ夕茜   ばた

投稿日:

叱ってくれる人を大切にしたい。
叱られて反省のできる、器を持ちたい。

夕焼け小焼け、発展途上。

こころ、からっぽの場所、

身にしみて、照らされて。
ありがたくて、ひとりじゃなくて。

===

  【掲載】もう誰も怒ってくれぬ夕茜

    ふあうすと2008年2月号
    全人抄(赤井 花城選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】花よ花忘れさせてはくれないか   ばた

絵の具にないその色の、優しさの。包まれて、誘われて。 ひとときでもいい。 どうか、この疲れから、悲しみから。僕を解き放ってはくれないだろうか。 花よ花、花よ花。 ===   【入選】花よ花忘れさせては …

no image

【川柳】節穴でいい身の丈の幸でいい   ばた

もったいない、もったいない。 きっと、誰もが羨むような何かが次々と。毎日、通り過ぎていくのでしょう。 でも、あいにく。 わたしの目は、節穴で。 今日も、焦らず、のんびりと。 天気がいいねの挨拶で始まる …

no image

【川柳】靴下がくたびれているワンコイン   ばた

確か、この川柳を書いたころも疲れを覚えている時期でした。入選の報を聞いた今もまた、同じような疲れを覚えていたり…。 足元の哀愁と、手のひらの希望。 見飽きるほどの景色のはずなのに、心はまだ対処方法を覚 …

no image

【川柳】向日葵が背中を曲げて茜雲   ばた

もたれかかるような、くたびれたような。 そんな表情を見せるこの時期の向日葵の向こう側に、赤が広がる。 包み来るようなその優しさに、もうすぐ一年の3分の2が終わろうとしていることに気付かされる。 小さな …

no image

【川柳】ぎゅっとしてほっとしている赤い糸  ばた

原因不明の頭痛君のそばで たちどころに あ そうか つまり 君でなければ 僕は 青春days 当たり前のように 繋がっていた線のいまは すこし 色落ちがして すこし 遠くなって いつも ぎゅっと かな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly