川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】初七日の後 骨壷と丸い背と   ばた

投稿日:

「これまで」の区切りがついて。

ふと、「これから」の風が流れた。

桜の校門
胸に抱いた希望のような

どんな明るい未来を抱くというのだろう。

何も語らず、何も聞こえず。

ふと、「これから」の風を思った時間のことだった。

===

  【掲載】初七日の後 骨壷と丸い背と

    ふあうすと2008年1月号
    全人抄(赤井 花城選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】春物が隙を伺う冬の背な   ばた

もうすぐ出番。予感ある躍動、さあ、さあ。 風は頬に触れて。 すっかり温度を帯びた街は、何の演出もいらないような光を放ち、 おいでおいでの手招きを始めていた。 ===   【掲載】春物が隙を伺う冬の背な …

no image

【川柳】梅雨明けの空 今日からは今日からは   ばた

きっかけ、でもいい、口実、でもいい。 とりあえず、でもいい、ようやく、でもいい。 忘れるための太陽なのか、背中を押すための風なのか。 とにかく、きっと。抜けたところにある、この場所からは。 もう、眩し …

no image

【川柳】ジョーカーのいない笑顔は信じない   ばた

真っ白な心なぞあるものか、と思ってしまう。 そんな自分に嫌気を覚えながらも。いろんなジョーカーを抱えて笑顔。  生きていくのに、やっぱり欠かせないカードなのでしょうか。 ===   【佳作】ジョーカー …

no image

【川柳】君が好き そして欠伸の移る距離   ばた

告白の勇気、そばにいる安堵。 くつろいだ温度、高まる期待。 やっぱり、やっぱり、君が好き。 君のそばで良かった、君のそばで良かった。 ===   【入選】君が好き そして欠伸の移る距離     ふあう …

no image

川柳句会のはじめての選者を終えて

ふあうすと川柳社の本社句会で選者を務めさせてもらった。 川柳句会で初めての選者体験。披講の仕方に好意的な感想をいただけてホッとした。1時間での選はやっぱり厳しかったな。選ぶ側の気持ちを知る貴重な機会だ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly