川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】初七日の後 骨壷と丸い背と   ばた

投稿日:

「これまで」の区切りがついて。

ふと、「これから」の風が流れた。

桜の校門
胸に抱いた希望のような

どんな明るい未来を抱くというのだろう。

何も語らず、何も聞こえず。

ふと、「これから」の風を思った時間のことだった。

===

  【掲載】初七日の後 骨壷と丸い背と

    ふあうすと2008年1月号
    全人抄(赤井 花城選)

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】コロッケの厚みで母は母である   ばた

見覚えのある形へと、変化していく様子。やがてこんがりときつね色。 その温もりは、きっと、どんな家にもあったに違いない。 母は、母で。当たり前の顔をして、白いご飯を僕に添えてくれた。 食卓にある、いつも …

no image

【川柳】杉の舞う日は宙に向く言葉たち

 最近の歳時記には花粉症を季語として採り入れるものもあるのだとか。降り続く雨はないという言葉もあるが、それにしても、春の来るまでのこの時期は本当に憂鬱なものである▼屋根の下の時間が増えて、活字に向き合 …

no image

【川柳】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだよ」   ばた

そして、僕は。 もう少し、高いところにハードルを意識して、なんだか無性に、頑張ってみようと思うのであった。 それがいつか、確信に変わるときまで。 ===   【掲載】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだ …

no image

【川柳】そしてまたひとを許して神様は   ばた

今度こそはっ 神様の呟き、神様のため息。 曇天である理由はそんなところなのかもしれない。 空を越えていく放物線は 虹であるはずが誰かを傷付けるための ミサイルの匂いを残していて。 ===   【掲載】 …

no image

【川柳】秋の海 名前を呼んでいるひとり   ばた

 (引用― 裏表紙に載せた、自分のことばから)  これを書いているちょうど今、年鑑の制作業務が完了。皆さんのお手元に届く瞬間をイメージしつつ、これから印刷と製本作業へ▼自分自身も川柳を趣味とするように …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly