川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

眠る10分前のドアを開いて。

投稿日:

眠る直前の10分間は言葉の充電。

好きな句集や詩集など、さらっと読み流しては心地のいい
眠りを期待することにしている。

勢い、この時間帯に川柳や、伝えたいフレーズも生まれやすい。

生産性を伴うなにかの作業を行うには、やっぱりふさわしい
時間帯というものがあるらしい。試行錯誤してきて作り上げた
最近の生活ペースは、どうやら自分に無理のないものであるようだ。

こんな追い風を意識しながら生きられると、毎日がとても充実する。
リズムを崩さないよう、着々と、生きていくことを心がけたい。

さて、3月。

花粉症で身体が疲れることもあって、ここ数日は、比較的ちゃんと
眠るようにしています。

遅くとも3時には寝るようにしていますので、目覚めがべりーぐ(死語)。

そういうのも含めて、生活のリズムは大切だな、と感じています。
たくさんの方に心配していただいたり、応援していただいて感謝。

英気を養って、ますます、皆さんのご要望にお応え出来る会社にして
いきたいと思っていますので、何かあれば、どうぞお気軽に。

三田、山の景色は自分の生まれた静岡に似ていて、和みました。

心も身体も充実。
いい風が吹いています、その風にスギ花粉がいなければ、最高なのだけれど。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

にんげんとにんげん以外の生き物。

車道に横たわる命。 伸びようとする腕や足は、まるで寝起きのようでそうではなくて、きっと断末魔の時間、最後の景色を見ているに違いなかった。 反対車線のにんげんの一人であった僕は、苦しさに襲われながらも、 …

明石西公園、も、走破。

ポニョー。 遠くに祭り太鼓、芝生の緑。贅沢な季節がのんびりと過ぎていくよ。

ある読解。

すぐ挫折。

no image

嘘の上に咲く花は、どんな色をするのでしょうか。

ついていい嘘、ついてはいけない嘘。 でも、重ねていくと、その境目も曖昧なものになります。結果、「つかなければ良かった」と後悔することもしばしば。 人を傷つける嘘って、最低だと思います。 ついていた自分 …

no image

責任を果たすための撤退

たとえば、これまでなら3時間で出来たことが、今は倍近くの時間を要するようになってしまった。疲れているのかもしれないし、必要だった感性や能力が涸れてきたのかもしれない。夕方になると視界がボヤけてピントも …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly